【悩んでる方必見!】SHOEI QWESTを詳しくインプレ!

今までジェットヘル一本でしたが、大型バイクへの乗り換えに際し

人生 初フルフェイスを買ってみました
 
コストパフォーマンスの高い事で人気のSHOEI QWEST です。
 f:id:hadoutaitei:20161002014052j:plain
因みに今まではSHOEI FREEDOMを使用していました。
今回はせっかくなので、インプレッションを出来るだけ詳しく書いて行こうと思います。
 

スポンサーリンク
 

SHOEI QWEST セット内容

まず、セット内容から紹介していきます。
 
SHOEIお馴染みのおまけには勿体無い専用袋です。
 f:id:hadoutaitei:20161002010630j:plain
これはジェットヘルでも付属していたので特別驚きはありませんでしたが、ここからがたまげました。
 
 
メンテナンスキットなるお手入れセット
 f:id:hadoutaitei:20161002010715j:plain
中には雨天時に役立ちそうな撥水剤に、稼働部の動きを助けるシリコングリス
更に、綿棒にウエスまで入っています。
 
 
ブレスガードとチンカーテン
 f:id:hadoutaitei:20161002010807j:plain
吐息によるシールドの曇りを防止するブレスガード。息がシールドに直撃しない様にしてくれる代物ですが、効果はイマイチ。また、顎から進入する風を妨げるチンカーテンも付属です。こちらはまだ試しておりません。
 
 
そして、目玉であるピンロックシートです。
 f:id:hadoutaitei:20161002010839j:plain

f:id:hadoutaitei:20161002010909j:plain

初めてお目にかかりました。
このシートをシールドに貼る事で曇りを劇的に抑えてくれるという優れものです。普通に買うと3千円〜2千円はするのでこれは嬉しい。
 
 

SHOEI QWEST 大きさは?

大きさは同社 SHOEI FREEDOMとの比較でこんな感じです。
 f:id:hadoutaitei:20161002010944j:plain
見比べてみるとそこまで、大きい様には見えませんが、実際被ってみるとそこそこ頭でっかちな感じになります。
こればかりは他のフルフェイスと比較しないと分かりませんが、極端にQWESTの帽体が大きいという事はなさそうです。
 
 

SHOEI QWEST 重さは?

 
ロングツーリングなどの長時間の運転では、ヘルメットの重さでライダーへの負担はかなり変わってきます。
我が家のドナルドダック体重計で計ったところ、約1.5kgでした。
 f:id:hadoutaitei:20161002011046j:plain
折角計ったのですが、このチープな体重計は信用できなかったので
SHOEIの公式サイトに行ってみるとしっかりと記載されていました。
 
XXLサイズで1,504g
 
我が家の体重計は見た目に反してかなり正確だったようです。
因みにその他のサイズの重量は
 
XSサイズ 1,404g
Sサイズ    1.367g
Mサイズ   1.425g
Lサイズ    1.448g
XLサイズ  1.516g
 
当たり前ですが、サイズが大きくなるにつれて徐々に重量も増えています。
 
以前自分が使っていたジェットヘル
SHOEI FREEDOMはXXLサイズ1.192g 
QWESTの方が約300g程重くなっています。
 
実際計ってみるとたかが300gの差でしたが、初めて手にした時は「軽くはないな」という印象でした。
しかし、被ってみると不思議な事にその重さは感じませんでした。
恐らく、しっかりと頭部全体をホールドしてくれているからだと思います。
 
重たいバイクでもしっかりとニーグリップを使って、マシンと一体化すれば軽々操作出来るのと同じ事なんですかね?
 
とりあえず今までのジェットヘルより重くなったにも関わらず、マイナスとなる様なポイントはありませんでした。
むしろ風の抵抗が減った分QWESTの方が疲れなかったです。
 

SHOEI QWEST 内装は?

 
内装はかなりフィット感が高く、特に蒸れ易い様な事もなく快適です。
後の項で詳しくインプレしますが、メガネスリットやヘルメットスピーカーが入りそうな凹みがあり、使い勝手はとても良さそう。
一応チークパッドとチンストラップカバーのみ取り外しが可能らしいので、耳が干渉して痛い場合はインナーの交換ができる様です。
因みに、あごひもの部分はボタン式のになっているので気になる方はワンタッチに換装を
 
 

SHOEI QWEST ヘルメットスピーカの装着

 
イヤーパッドの部分にちょうどスピーカーが収まりそうな凹みがあります。

f:id:hadoutaitei:20161002011248j:plain

 

入るかなぁ〜と試した結果ジャストフィット
 f:id:hadoutaitei:20161002011158j:plain
 
 
因みにスピーカーはこちらのサインハウス B+comです。
SYGN HOUSE(サインハウス) B+COM(ビーコム) ヘルメットスピーカーNEO. Φ3.5ミニプラグ 00073378

SYGN HOUSE(サインハウス) B+COM(ビーコム) ヘルメットスピーカーNEO. Φ3.5ミニプラグ 00073378

 

 

 
耳と干渉して痛くなる事もなく、しっかりと装着出来ました。
余分なコードもこの様に、インナーの隙間に収めればスッキリです。
f:id:hadoutaitei:20161002011345j:plain 
実際に音楽を流してみると、密閉性が高いので音が響いて物凄くイイです!
イヤホンともヘッドホンとも違って、なんというかライブハウスの様に全方位からサウンドが聞こえます。
ジェットヘルと比べて格段に楽しいサウンドになりました。
 

SHOEI QWEST サイズ感

 
自分はビッグヘッドボーイの為、正直フルフェイスは諦めていました。
しかし、バイク用品店の数少ないXXLサイズコーナーにQWESTがあり、試着したところすんなりと被れてしまったのです。
恐らくこれは内装がヘタっていたからだと思います。
今回の購入で初めて新品を装着したのですが、最初は入り口があまりにキツいので、「まさか入らないのでは?」と不安になりながらもグリグリやっていると、なんとか入り口を通過。
 
そして訪れる驚きのフィット感です。
あれ程入り口で奮闘したにも関わらず、一度突破してしまえば、オーダーメイドの様。
頭部全体を包み込み、ほっぺたの部分でしっかりとホールドしてくれるので、「被っている」というより頭が一回り大きくなったかの様な一体感があります。
時速80キロ位であれば、右を向いても左を向いても、風圧で頭が持ってかれる様な感覚はありませんでした。
 
因みにSHOEIの公式サイトでは
サイズの選び方について、頭の一番大きな部分を計るとあったので、それに則りこめかみ辺りをグルッとメジャーで測ると約60㎝ でした。
サイズ表記だとXLで60㎝ XXLで63㎝と数字の上ではかなり余裕があります。
 
恐らく鬼門は入り口です。
ここを頑張って通過出来れば、XLでも大丈夫だったのではと思います。
サイズ表記では被れるはずなのに頭が入らないという方は、是非入り口で奮闘してみて下さい。
このフィット感の為にこの入り口かと納得しました。
 
 

スポンサーリンク
 

SHOEI QWEST メガネの装着

 
メガネライダーが気になる所であるメガネスリットですが、インナーにこんな感じの「くぼみ」がありました。
 f:id:hadoutaitei:20161002011437j:plain
これが恐らくスリットですね。
自分も最近視力が弱まってきたのでコレは中々嬉しい仕様です。
実際に装着してみると・・・う〜ん
メガネをかけているというより、挟まっていると言う感じです。
(因みに装着した眼鏡はこちらです)
 f:id:hadoutaitei:20161002011716j:plain
 
スリットに沿って装着するので自分のベストポジションに眼鏡が来るかがポイントになりそう。
気になる方は店頭での試着をおすすめします。
ただ走行するにあたっては問題なかったので、「ほんのちょっとした違和感」を除けば総合的には充分な機能を発揮してくれています。
 
 

SHOEI QWEST ベンチレーション

ベンチレーションは計4カ所。
前方、口元に1つとおでこの部分に1つ
 f:id:hadoutaitei:20161002011755j:plain

f:id:hadoutaitei:20161002011911j:plain

 
更に、後方に各2カ所ついています。

f:id:hadoutaitei:20161002011828j:plain

 
全開放で走ってみましたが、正直自分の感覚ではそこまで涼しくはなかったです。
時速100キロ位になると「お、風入ってきてる!」と体感できますが、
夏の街乗りなんかで「あちぃ〜」って時に役に立つのか疑問です。
ただ、涼しさは別としてベンチレーションを開放するとシールドの曇りはスッと消えてくれます。
初なのでフルフェイスの曇り易さに、ビックリだったのですが、コレだけでも充分換気はしてくれてるんだなと感じました。
 
 

SHOEI QWEST 風切り音

当然ですが、ジェットヘルからの切り替えなので風切り音はかなり静かに感じました。
通常の街乗りではまず風切り音は気になりませんが
速度が80キロを超えた辺りから、徐々に「ゴゴゴ」と風切り音が聞こえ始め、速度が上がるにつれて段々と大きくなって行きます。
今までスピーカーからのナビゲーションが、風切り音で負けてしまう事が多々ありましたが、QWESTに買い替えてからは高速走行でもしっかりと音声が聞こえます。
これならインカムでの会話もかなりスムーズに行えるんじゃないでしょうか。
総合的に見て静音性はかなり高く感じました。
 
因みに、ヘルメット側面には密閉性を三段階に調節できるレバーがありまして。

f:id:hadoutaitei:20161002012002j:plain

 

このレバーを上げる事により、シールドが密着して、より密閉され静音性を高めてくれます。
逆に下げると、ほんの少しだけ隙間が出来るのでシールドが曇った時などに役に立ちます。
当然ジェットには存在しない機能なのでびっくりです。
 
 

SHOEI QWEST シールドの外し方

 
シールドを外すにはまず、シールドを全開にします。
全開にした状態で側面のこの部分。
 f:id:hadoutaitei:20161002012158j:plain
ここのレバー?の様な部分を手前に引いて、シールドを下に向かって引き抜く様にすると簡単に外れます。
あとは反対側も同じ様にするだけです。

f:id:hadoutaitei:20161002012316j:plain

脱着はかなり簡単に出来ました。
 
 

SHOEI QWEST ミラーシールド

当たり前ですがQWESTには純正のクリアシールドが付属します。
フルフェイスならクリアシールドでも顔はそんなに見えないだろうと高を括っていたのですが、バッチリ丸見えでした。
ブレスガードを装着しても大して変わらず。
と言うことでミラーシールドを購入しました。
 
SHOEI CW-1 PINLOCKシールド 
クリアミラー シルバーです。
ショウエイ(SHOEI) CW-1 PINLOCK シールド クリアミラー シルバー

ショウエイ(SHOEI) CW-1 PINLOCK シールド クリアミラー シルバー

 

 

 
腰抜かしたんですが、フルフェイスのシールドってたっけぇんですな。
ジェットヘル時代はOGKのワイドバブルシールドを使っていましたが、どこで買っても精々2千円程度です。
 
まぁそれはさて置きこちらのシールド。
商品ページには適合モデルにQWESTの名はなかったのですがしっかりと装着出来ました。
袋に入った状態だと、ミラー感が薄く
かなり透っけ透けで不安でしたが
装着してみるとあら不思議。
かなりしっかりしたミラー感です。

f:id:hadoutaitei:20161002013903j:plain

 
実際に昼と夜、装着して走って来ましたがしっかりと反射して顔を隠してくれました。
また、視界の歪みや夜間での視認性も問題なく、かなりクリア。
年中コレで良いじゃないかと言う感じです。
因みにQWESTに付属していたピンロックシートを装着するつもりだったのですが、オフシャルで「スモークシールドへの装着は視認性が悪化するから絶対にやめろ!」と注意書きがあったので、試していません。
ベンチレーションを開放すれば、曇りは消えて行くのでワザワザ危険を冒さなくても良さそうです。
 
 

SHOEI QWEST 総合評価

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス QWEST マットブラック L (59cm)

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス QWEST マットブラック L (59cm)

 

 総合的にはとってもとっても大満足です。被っていて疲れもありませんし、シールドの曇りもベンチレーションで対応出来るので、ジェットより何倍も視界が安全になりました。

もちろんすっ転んでも顔面がノーガードのジェットより遥かに安全です。
何よりあの密閉されたパイロット感が楽しいですね。
 
QWESTは一応エントリーモデルですが、正直これより高価なヘルメットを買った所で自分がその性能を感じられるか自信がありません。
特別な拘りがなく、「とりあえずフルフェイスが欲しい!」という方にはかなりおすすめです。
非常に良いお買い物をしました。 

 

 

スポンサーリンク
 

あなたにおすすめの記事!