【バイク】エンジンオイルの種類と特徴

みなさん愛車のエンジンオイル交換してますか?
 
 
バイクのエンジンオイルには、様々な種類と様々なメーカーがあり
いざ自分でオイル交換してみようと立ち上がってもどれを選べばいいか戸惑ってしまうものです
 
 
今回はエンジンオイルの種類や見方
各メーカーのエンジンオイルを紹介します。
 
 

スポンサーリンク
 


エンジンオイルの役割

 
そもそもエンジンオイルってどんな役割があるの?そんなに重要なの?
 
エンジンオイルは人間でいうところの「血液」の様なもので、それはそれは重要な役割を担っています。
 
 

エンジンオイルの役割①潤滑

 
バイクに走る力を与えているのはご存知の通りエンジンです。
 
エンジンの中では、ピストンやカムシャフトと言った金属パーツ達が大忙しで動いています。
 
このパーツ達を油膜で包む事により
金属同士の接触による摩擦から保護し、エンジンの動きをスムーズにする潤滑作用を与えています。
 
 

エンジンオイルの役割②冷却

 
バイクが動いている間、エンジンの中では常に爆発が起こっています。
 
この爆発や摩擦により熱を持ったエンジンを冷やすのも、エンジンオイルの大切な役割の一つです。
 
 

エンジンオイルの役割③密封

 
エンジン内部ではピストンやカムシャフトが動いています。
 
燃料を効率良くパワーに変換するには、出来るだけ隙間をなくしたいのですが、「動く」というアクションは隙間がないと行えません。
 
この隙間をエンジンオイルによって密封する事で、パワーを逃さず動力にする手助けをします。
 
 

エンジンオイルの役割④防錆

 
冬に暖房を付けた暖かい部屋でぬくぬくしていると、外気との温度差によって窓に結露が発生しますよね?
 
高い熱を持つエンジンにも、これと同じ事が起きるのです。
 
エンジンの中で発生した水分は錆の原因となり、エンジンの性能を低下させてしまいます。
 
エンジンオイルにはこの錆の発生を抑える役割があります。
 
 

エンジンオイルの役割⑤洗浄

 
エンジン内部は、パーツの摩耗や燃料の爆発などによって様々な汚れが発生します。
 
エンジンオイルを交換すると真っ黒になってたりしますが
これはその汚れをしっかりと洗浄してくれているからなんですね。
 
 
 
 

エンジンオイル3つの種類

まず、エンジンオイルには3つの種類があります。
 
これはエンジンオイルの種類、というよりエンジンオイルに使われている油の種類です。
 
この油に添加物などが加わりエンジンオイルとなります。
この油の事をベースオイルと呼びますが、それぞれ特性があります。
 
 
 

エンジンオイルの種類①鉱物油

まず1つ目は【鉱物油】です。
 
 
鉱物油は原油から作られた古くからある種類のエンジンオイルです
 
基本的にこの種類は、価格が安くお財布に優しい反面、劣化が早く耐熱性能も期待できない為バイクにはあまり優しくないかもしれません。
 
金欠だしワンシーズンだけ…って時には強い味方となりますが
 
耐熱性能に乏しいという事は、大型バイクや高回転型のバイクにはあまりオススメ出来ません。
 
一方発熱の少ない単気筒エンジンにはオススメ出来るとの声もあります。
 
 
 
 

エンジンオイルの種類②化学合成油

2つ目は化学合成油です
 
こちらは先程の原油から、あれやこれやの高度な技術で不純物を取り除いた
高純度エンジンオイルです。
 
先の鉱物油と異なり、現代のエンジンの為作られているので
よりエンジンに適した種類のエンジンオイルと言えます。
 
 
化学合成油には様々なメリットがあり
 
エンジン内の保護・洗浄
始動性・燃費の向上
耐熱性能が高く劣化し難い
 
など、様々なメリットを得られます
しかし鉱物油に比べ高価格になるというデメリットもあります。
 
 
 
 
 

エンジンオイルの種類③部分化学合成油 

3つ目は部分化学合成油です。

 

こちらは先の【鉱物油】【化学合成油】ブレンドして作られた種類のエンジンオイルです。
 
このエンジンオイルの特徴は鉱物油の安さ化学合成油の性能を合わせた事により、コストと性能のバランスが取れたエンジンオイルです。
 
コストパフォーマンスに優れる一方、化学合成油に匹敵するまでの性能は持ち合わせていません
 
しかし、設計の古いバイク
いわゆる旧車のエンジンオイルとしては、現代の高性能なエンジンオイルを使う想定で作られていない為、この部分化学合成油が合うと言われています。
 
 
 
 
 
 

スポンサーリンク
 

エンジンオイルの添加剤

 

以上、3種類のエンジンオイルの特徴を書いて来ましたが
実際にはベースオイル添加剤の質によってエンジンオイルの性能が変わってきます。
 
 
この添加剤というのが寿命が短い
必ずしも化学合成油が一番。という事もなければ、鉱物油 全てが化学合成油に劣るという事もないのです。
 
じゃあ添加剤を入れなければいいじゃんという話なのですが、
 
この添加剤はエンジンオイルの粘度などに影響します。
 
 
 

エンジンオイルの粘度

 
エンジンオイルはによってヌルヌルだったのがサラサラに変化て行きます
 
エンジンオイルがサラサラになるとエンジン内部の摩擦が増え、
様々なパーツに徐々にダメージが蓄積され、最悪壊れてしまう事にもなります。
 
このヌルヌルが粘度です
粘度を作るには添加剤が必要です
 
しかし添加剤は寿命が短くエンジンオイルの劣化を招きます
 
理想的なのは粘度変化の少ないエンジンオイルです。
 
粘度変化が少ないという事は基本的に添加剤も少ないと考えられます。
 

f:id:hadoutaitei:20160815010419p:plain

粘度とはエンジンオイルのパッケージなどに記載のあるコレです
 
これは寒い時と暑い時の粘度表示Wはwinterの事です
 
例えばこのエンジンオイルは「15W-50」
 
一般的に冬にはこのWの数値が小さいエンジンオイル
逆に夏には後ろの数値が大きいエンジンオイルが良いとされていま
 
この2つの数値の差が少ないエンジンオイルを選ぶのがオススメです。
 
 
 
 
 

メーカー純正エンジンオイル

エンジンオイルは純正品を始め、各メーカーから発売されています
 
エンジンオイルの種類や粘度を参考に自分のバイクにあったオイルを選んでみて下さい。(四輪用を選ばないよう注意

 

 

ホンダのエンジンオイル

 

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2 SL 10W-40 4サイクル用 1L 08233-99961 [HTRC3]

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2 SL 10W-40 4サイクル用 1L 08233-99961 [HTRC3]

 

 

 
ヤマハのエンジンオイル
 
カワサキのエンジンオイル
 

 

カワサキ S-4 10W40 1L (4サイクル用) JO246-11-S [HTRC3]
 

 

スズキのエンジンオイル

 

SUZUKI [ スズキ純正オイル ] SUZUKI CCIS [ スズキCCI ] JASO FC [ 1L ]  [HTRC3]

SUZUKI [ スズキ純正オイル ] SUZUKI CCIS [ スズキCCI ] JASO FC [ 1L ] [HTRC3]

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

各メーカーのエンジンオイル

 
 
カストロールのエンジンオイル
 

 

CASTROL(カストロール) エンジンオイル POWER1 4T 10W-40 MA 部分合成油 二輪車4サイクルエンジン用 4L [HTRC3]

CASTROL(カストロール) エンジンオイル POWER1 4T 10W-40 MA 部分合成油 二輪車4サイクルエンジン用 4L [HTRC3]

 

 

誰もが知っている大手メーカーです
モータースポーツのスポンサーを務めていた事から世界的な知名度があります。
コストパフォーマンスに優れ多くのライダーに支持されています。
 
 
 
 
 
 
 
モチュールのエンジンオイル

 

 

こちらも有名所のモチュールです。

いわゆる高級エンジンオイルというもので、高い値段と高い性能・信頼性を誇ります。

様々なレーススポンサーを務め、確かな性能を示した事で評価が高く、かなり評判はいいです。
 
 
 
 
 
エルフのエンジンオイル
 

 

elf(エルフ) バイク用 4st エンジンオイル/MOTO4 TECH[テック] / 10W50 4? [HTRC3]

elf(エルフ) バイク用 4st エンジンオイル/MOTO4 TECH[テック] / 10W50 4? [HTRC3]

 

 

好き嫌いがはっきり分かれるエンジンオイルです。

石油会社として世界第5位の巨大メーカー四輪メーカーから指定されていた事もあり肩書きは充分。

 

 

 

 

スーパーゾイルのエンジンオイル

 

 

開発者の失敗から生まれ、エンジンを長持ちさせる事一点に集中して開発されました。
スーパーゾイルはエンジンオイルよりも添加剤が有名で、こちらも良い評判をよく耳にします。
 
 
 
 
 
 
ベリティーのエンジンオイル
 

 

ベリティ(Verity) 2輪用4サイクルエンジンオイル Verity BIKE 10W40 MA 4L [HTRC3]

ベリティ(Verity) 2輪用4サイクルエンジンオイル Verity BIKE 10W40 MA 4L [HTRC3]

 

 

コストパフォーマンスの高い信頼のブランド
特に旧車や空冷エンジンとの相性が良いそうです。 
 
 
 
 
 
 
オメガのエンジンオイル

 

過酷な状況下での使用に耐える数少ないエンジンオイル

エンジンノイズの低減に効果ありとの評判。
 
 
 
 
 
パノリンのエンジンオイル

 

 

ベースオイルにこだわり独自開発したエンジンオイル

コストパフォーマンスに優れたエンジンオイルです。

 
 
 
 
 
アッシュのエンジンオイル
 
驚異的ロングライフと世界で唯一の100%エステル使用のエンジンオイルです
 
 
 
 
 
 

 

シェルアドバンスのエンジンオイル

レースでよく見る貝殻マークのエンジンオイル

ドゥカティも推奨するレーシーなバイクにぴったりのオイルです。

 
 
 
 
 
 
 
チタニックのエンジンオイル

 

Titanic(チタニック) シンセティックチタンオイル 10W-50 1L TG-S1L
 

 

 
密かに高評価を得ているチタニックのエンジンオイル

 エンジンにスムーズさを与え、吹けを良くします。

 

 

 あなたにおすすめの記事

www.bikemanv2.com