インディアンの人気おすすめバイク10選!

スポンサーリンク
 

インディアンの歴史

f:id:hadoutaitei:20180418165234p:image

今から1世紀以上前 アメリカで初のモーターサイクルが生まれた。

自転車レーサーとエンジニアの2人の男は、自らが組み上げたそのマシンに「インディアン」と名付けた。

1901年に生まれたそのマシンから5年後、やはりアメリカ初となるVツインモデルを完成させる。

後に伝説として語られる事となるそのメーカーこそが「インディアンモーターサイクル」だ。

f:id:hadoutaitei:20180418175010j:image

戦前は次々と速度記録を樹立させ、レースでは当たり前の様に優勝を飾ってきた。
第2次世界大戦では軍用バイクの供給に専念するが、戦後に業績が悪化。

アメリカを舞台にハーレーと人気を二分した一流モーターサイクルブランドは、50年代半ばに幕を下ろした。

その後、幾度となく復活を試みるが複雑に絡んだ商標権の問題により、それは成し得なかった。

しかし2011年 世界的ATVメーカーであり、ヴィクトリーを生産するパラリス社のもと生産を本格化。
2013年には新型空冷エンジンを開発し、14年にはインディアン初の水冷エンジンが完成。

「インディアンモーターサイクル」は、生ける伝説として再び表舞台でサウンドを響かせる。

インディアンおすすめバイク

スポンサーリンク
 

スカウト

f:id:hadoutaitei:20180418183852j:image

1920年に登場した「スカウト」の名を受け継ぎ、高回転型水冷エンジンを搭載した新生インディアンのベーシックモデル。ポジションはインディアンらしくゆったりとしているが、6速トランスミッションやカウンターバランサーなどを採用する事で、現代的なスポーティークルーザーに仕上げている。

スカウト シックスティ

f:id:hadoutaitei:20180418183913j:image

現行インディアン最小排気量となるモダンなスムーズクルーザー。スカウトをベースに、エンジンのストロークを変更。扱い易さを追求してダウンサイジングしたモデル。基本的な車体構成はスカウトと共通だが、ミッションは5速化され、前後ホイールやエンジンをブラックアウトする事で精悍さを増している。

スカウト ボバー

f:id:hadoutaitei:20180418183925j:image

スカウトをベースに流行りのボバースタイルに仕上げた18年のニューモデル。前後のフェンダーを大胆にカットし、ハンドルはローライズなトラッカータイプを採用。ツインタイプのリアショックは1インチのローダウンを施し、前後ホイールも専用デザインに。
ムダをそぎ落としたカスタムでワイルドな雰囲気に変貌している。

チーフ

f:id:hadoutaitei:20180418183946j:image

1922年に登場した「チーフ」を冠する空冷大排気量クルーザー。エアボックス内蔵のアルミフレームに、強烈なトルクを生み出す「サンダーストローク111」と呼ばれる空冷Vツインを搭載するチーフシリーズのスタンダードモデル。ホイールの半分を覆ってしまうエスカルゴフェンダーやタンクオンタイプのアナログスピードメーターがクラシカルな雰囲気を醸し出す。

チーフ ヴィンテージ

f:id:hadoutaitei:20180418184001j:image

チーフシリーズのうち、40本のステンレス製スポークで構成された前後ホイールとホワイトウォールタイヤを採用し、クラシカルテイストを追求した「チーフ クラシック」をベースに、レトロスタイルな追加装備でツーリングライクに仕上げたモデル。工具なしで脱着出来る大型ウインドシールドにレザーサドルバッグ、同色のシートが追加されている。

スプリングフィールド/ダークホース

f:id:hadoutaitei:20180418184022j:image

全天候型の大容量ハードサドルバッグを装備し、フル積載時でも安定感を損なわない25度のフロントフォーク角を採用。スプリングフィールド専用シャシーで日帰りなどのショートトリップにおける軽快さを重視したモデル。車体全体がブラックアウトされた「ダークホース」もチョイスできる。

チーフテン/ダークホース

f:id:hadoutaitei:20180418184110j:image

充実装備でロングツーリング性能を徹底強化したチーフテンシリーズのベーシックモデル。エンジンは現行インディアンと共通の「サンダーストローク111」を搭載。フェアリングや高性能オーディオをはじめ、電動で調節出来る大型パワースクリーン BluetoothやUSBに対応するタッチディスプレイなど、「族長」の名に相応しい豪華装備になっている。「ダークホース」は全身つや消しブラックになっている。

チーフテン リミテッド

f:id:hadoutaitei:20180418184155j:image

基本装備はチーフテンシリーズ共通ながら、煌びやかなコンストラストカットが施された専用ホイールに、1930年代のインディアンをモチーフにしたオープンフロントフェンダーがカスタム感を強調するモデル

ロードマスター

f:id:hadoutaitei:20180418184223j:image

大陸横断級の長旅も快適に楽しめるラグジュアリーツアラー。ロングツーリング仕様のマシンが揃うロードマスターシリーズ。そのスタンダードモデルでありながら、トップケースと左右のサドルケースを合わせた積載量はなんと140ℓを誇る。冬場に嬉しいシート&グリップヒーターや、LEDヘッドライトを採用している。各種装備にレザーを使用した「ロードマスター クラシック」もある。

ロードマスター エリート

f:id:hadoutaitei:20180418184234j:image

ロードマスターシリーズ及び、現行インディアンの最高峰モデル。タンデムライダー用のバックレストを兼ねたリアトランクには、アームレストやキャリアも装備。同じくハードタイプのサドルバッグと共に、コンソールスイッチでロック操作が可能なリモートロックに対応。前後シート&グリップヒーターや電動パワースクリーンなど、とにかく豪華装備が満載。

 

今のバイクを高く売ってインディアンに乗り換えてみる?
【バイクブロス】かんたんお試し一括査定