【国産・外車】大型アメリカンバイクのおすすめ25選!


今まで250ccのおすすめアメリカン
400ccのおすすめアメリカンと順序良く紹介して来ましたが

今回は大型免許で乗れる
おすすめ大型アメリカンバイクを国産を中心に外車も含めまとめてみました!

このクラスになると憧れだったマシンやフラッグシップモデルなど様々な選択が出来ます!

 

スポンサーリンク
 

国産大型アメリカンバイク

大型アメリカンバイクおすすめ①ワルキューレ

圧倒的存在感を放つHONDA ワルキューレ

f:id:hadoutaitei:20170228032746j:image
なんといってもまず目に入るのは
大迫力の巨大なエンジン
メカメカしい造形が男心を鷲掴みにするワルキューレは、かつてHONDAアメリカンバイクのフラッグシップとして最高峰との評価を得たマシン
エンジンは排気量1520ccの水平対向6気筒を搭載し、見た目の迫力に反する加速性能を発揮する。

 

大型アメリカンバイクおすすめ②ワルキューレルーン

幻の超高級アメリカン HONDA ワルキューレルーン

f:id:hadoutaitei:20170228032848j:image

名前の通りワルキューレの後継機であるワルキューレルーンは、

先代のワイルドなスタイルから一変。
類を見ない近未来的なフォルムとエレガントな雰囲気に包まれた異色のアメリカンバイクに生まれ変わった。
その特徴は、1800ccの水平対向6気筒エンジンもさる事ながら、
異形のヘッドライトにメカニカルなフロントフォーク、超ディープフェンダーなど、
どのパーツをとってもどこのバイクとも似つかない唯一無二の強烈なデザイン。(仮面ライダー響のバイクとしてほぼ無改造で出演)
さらにお値段も378万円とこちらも強烈な為、滅多にお目にかかれない幻のアメリカンバイク

 

大型アメリカンバイクおすすめ③VTX

 スーパークルーザーの先駆者 HONDA VTX

f:id:hadoutaitei:20170228033200j:image

日本では中々見かけないVTXだが、
HONDAカスタムアメリカンバイクのフラッグシップモデルであり、
アメリカで人気の「スーパークルーザー」と呼ばれるクラスの先駆者としてそのスタイルを確立させたマシン。

レトロクラシックなデザインに、
倒立フォークや高剛性モノバックボーンフレームなど現代的なスタイルを組み合わせ、キャブレターにはPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)を装備。
力強いトルクを誇る1800ccの水冷V型エンジンが合わさり、
スーパークルーザーとして力強いトルクと余裕の走りを見せる。

 

大型アメリカンバイクおすすめ④VTX1300S

f:id:hadoutaitei:20170228033218j:image

上記のVTXからよりクラシックなスタイルになったHONDA VTX1300Sは、
名前の通り排気量は1300ccに抑えられ、持て余す事なくパワーを使い切れるVTXの弟分にあたるモデル。
装備はVTXをベースにフロント17、リア15インチのスポークホイールにディープフェンダー、ステップボードと重厚でクラシカルなスタイルに仕上げ、マフラーは2-1の集合タイプから、右2本出しのショットガンタイプとなっており更にワイルド&クラシカルに、全体的にツーリングライクに仕上げた印象を受けるマシンとなっている。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑤シャドウスピリット

アッパーミドルクラスのシャドウスピリットに加わったバリエーションモデル HONDA シャドウスピリットVT750DC

 f:id:hadoutaitei:20170228035528j:image

フロントにはスポークタイプの21インチホイールにプルバックハンドル
加えてガンファイターシートを組み合わせて迫力のあるチョッパースタイルになっている。
エンジンには42ΦのPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)にデュアルショットガンタイプのエキゾーストで仕上げた。
因みに受注輸入の為日本では滅多に見かけないレアなマシン

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑥シャドウ750

f:id:hadoutaitei:20170228033322j:image

ご存知シャドウシリーズの長兄であるHONDA シャドウ750は、
ロー&ロングフォルムに砲弾型ヘッドライト、スポークホイールやディープフェンダーという王道装備で外装をまとめたクラシカルスタイルアメリカン
エンジンは豊かなトルクと鼓動感をもたらす水冷52度Vツインとなっており、メンテナンスフリーのシャフトドライブに脱着可能なタンデムシートなど使い勝手が非常に良い仕上り。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑦ XV1900Aミッドナイトスター

ドラッグスターをはじめとする「Star」シリーズの頂点に立つモデル YAMAHA XV1900Aミッドナイトスター

 f:id:hadoutaitei:20170228033332j:image

1854ccを誇るOHV空冷V型2気筒は、油断すると後ろに引っ張られる様な力強さのトルクフルエンジン。
各部にはアルミダイキャストフレームやCFダイキャストスイングアームなど、最先端の技術を採用しクルージング性能を追及している。
更に「デザインのYAMAHA」が送り出す個性的なビジュアルは、異形のヘッドライトに極太マフラー
大迫力のエンジンに、タンクからネックカバーまで伸びる謎の3本フィンと、他のクラシックアメリカンとは一線を画す魅力的なデザインに仕上がっている。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑧XV1700ATMT

 f:id:hadoutaitei:20170228033345j:image

YAMAHA XV1700ATMT ロードスターミッドナイト・ジルバラードは、
旅を快適にする装備が充実したツーリングクルーザー
ATMTには、ツーリングに嬉しいパニアケースやウィンドシールドに加え、クラシカルな雰囲気を高めるホワイトリボンタイヤを標準装備。
エンジンはMT01のベースともなった1670cc空冷v型2気筒を搭載。
更に足元にはYZF-R1タイプの4ポットキャリパーをダブルディスクで装備しており、アメリカンらしからぬスポーティな走りを楽しめる。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑨XVS1300Aミッドナイトスター

f:id:hadoutaitei:20170228033358j:image 「ワイルド・ストリームライン」をコンセプトに作られたYAMAHA XVS1300Aは北米では「Vスター1300」の名で販売されるアッパーミドルクルーザー。

エンジンは排気量1304ccの水冷ユニットに電子制御式のFIを採用し、コンパクト化と高出力を両立している。
車体は兄貴分であるXV1900譲りの異形ヘッドライトにリジッド風のスチール製ダブルクレードルフレーム
更に41φのフォークなどを採用し、
アメリカンバイクでありながらキレのあるスポーティーな走りを得意としている。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑩BOLT

 f:id:hadoutaitei:20170228033409j:image

2013年に発売され比較的新しいラインナップとなるYAMAHA BOLT

クラシックスタイルの多い従来のラインナップの中、一際目立つボバースタイルに仕上げたアメリカンバイク
エンジンは950ccの空冷60度Vツイン軽やかな鼓動感と中低速での加速性が特徴で、街乗りでも快適なドライブが楽しめる味付けになっている。
また、BOLTはスタイルや装備が異なる様々なスペックを展開しており。
サスペンションやホイールなど、ワンランク上の装備となった「BOLT Rスペック」や、セパレートハンドルにフォークブーツを標準装備しカフェレーサースタイルとなった「BOLT Cスペック」等、幅広い選択が可能。
更に各スペックとも「ABS付き」モデルが別に存在する為、中々選択に悩ませられるラインナップになっている。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑪ ブルバードM109R

 f:id:hadoutaitei:20170228033419j:image

インパクト抜群のヘッドライトにストリームラインが美しいSUZUKI ブルバードM109R「やっぱりSUZUKIか!」という様な、
数あるアメリカンバイクの中でも一際目を惹く個性的なスタイル
搭載されるエンジンは、地上最大である112㎜のボアを持つ1783cc水冷V型2気筒エンジン。
足回りにはアメリカンバイク初となるラジアルマウントキャリパーや、SUZUKI史上最大の240サイズのリアタイヤを装備しており、
スタイルのみに留まらないキャラの濃いマシンに仕上がっている。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑫ イントルーダークラシック800

f:id:hadoutaitei:20170228033433j:image「ロー&ロング+ベーシック」をコンセプトに、フレアエンドのディープフェンダーやスピードメーターをマウントしたワイドタンクなど、

王道クラシックスタイルでまとめあげたSUZUKI イントルーダークラシック800は、400ccクラスで人気の高いイントルーダー400の兄貴分に当たるマシン。
車体はクラス最大であった弟分と同等ではあるが、鼓動感やパワーは桁違いの為、充分な満足感を得られる。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑬ バルカン2000

量産Vツイン世界最大排気量 Kawasaki VN2000

f:id:hadoutaitei:20170228033453j:image

2053ccを誇る水冷V型2気筒はハーレー等と同様のOHV(オーバーヘッドバルブ)形式を採用しており
国産アメリカンに多いOHCエンジンとは一線を画す鼓動感を体験出来る。
そのエンジンは、僅か3000回転で18㎏-mのビッグトルクを発生させ、極上のトルク感・パルス感を約束してくれる。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑭ バルカン900カスタム

f:id:hadoutaitei:20170228033516j:image

軽快なチョッパースタイルにカスタムされたKawasaki VN900CUSTOM
スポークと見間違う様なデザインのフロントキャストホイールに、磨き出したフィンの並ぶ美しいエンジン
ワイド&ファットデザインのボディラインとクールなカスタムが施された美しいアメリカンバイク
903ccの水冷V型2気筒はインジェクションを組み合わせ強力なトルクを発揮し、優れた加速性能を実現した。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑮ バルカン1500ドリフター

バルカンシリーズの中でも一際個性的なデザインが特徴のKawasaki バルカン1500ドリフター

f:id:hadoutaitei:20170228033528j:image

タイヤの半分を覆ってしまうディープエスカルゴフェンダーは、他のアメリカンでは中々お目にかかれないインパクト抜群のデザイン
生産年数も5年と短命に終わった為、新品はもちろん中古ですら球数の少ないマシン
排気量は1470ccの水冷V型2気筒
デザインと球数の少なさから、他人と被る心配は一切無用のアメリカンバイク

 

外車大型アメリカンバイク

スポンサーリンク
 

大型アメリカンバイクおすすめ⑯XL883

f:id:hadoutaitei:20170228033542j:image通称「パパサン」と呼ばれるハーレーダビッドソン XL883は、
スポーツスターシリーズの中でもベーシックなポジションに位置するマシン
ドッシリとしたクラシックスタイルに比べると車体も軽く扱い易い為、リターンライダーや、一周してしまったベテランライダー等に人気がある。
しかし扱い易いとは言え、エンジンはしっかりとハーレーダビッドソンを感じられる

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑰FXD

ハーレーの中でも人気の高いダイナシリーズからベーシックスタンダードモデルであるFXDスーパーグライド

f:id:hadoutaitei:20170228033617j:imageツインカム96と呼ばれる1584ccの空冷V型ツインを搭載し、豊かなトルクとダイナミックな走りを実現。
最新のハーレーに鼓動感を求めるならばこのダイナシリーズがオススメ!

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑱FLSTFBSファットボーイS

往年のハーレーを思わせる重厚なスタイルが特徴のソフテイルシリーズから、FLSTFBS ファットボーイS

f:id:hadoutaitei:20170228033634j:image映画「ターミネーター2」で一世を風靡したファットボーイの亜種
ハーレーの中でも数少ない
迫力満点の16インチディッシュホイールを採用しており排気量は1801cc
クラシカルな中にも何処か個性が光るマシンに仕上がっている。

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑲FLHRロードキング

より遠くへ、より快適に走る事をコンセプトとするツーリングシリーズから、ベーシックモデルであるFLHR ロードキング。

f:id:hadoutaitei:20170228033649j:image大容量ハードサドルバックやウィンドシールドにフォグランプ等、重厚感溢れる迫力装備
迫力のツインカムエンジンは排気量1689ccでノスタルジックな走りを楽しめる。
クラシック系が好きなライダーならいつかは跨ってみたいアメリカンバイク

 

大型アメリカンバイクおすすめ⑳チーフヴィンテージ

ハーレーのライバルであるインディアンから、

インディアン チーフヴィンテージ
f:id:hadoutaitei:20170228033707j:image最大の特徴であるエスカルゴフェンダーをはじめ、独特のレトロクラシックスタイルが印象的なインディアンは、ハーレーより2年早い1901年に発祥
変わらぬスタイルを守りつつ様々なツーリング機能をプラスしたチーフヴィンテージには、工具なしで脱着可能な大型ウィンドシールドに、革製サドルバッグが標準装備されておりツーリングにもってこいのマシン

 

大型アメリカンバイクおすすめ㉑スカウト

レトロフューチャーな斬新スタイル インディアン スカウト

f:id:hadoutaitei:20170228033721j:image1920年に発売された元祖スカウトから、エッセンスを受け継ぎつつも現代的なデザインに生まれ変わった。
1130ccを誇る水冷V型エンジンは、アメリカンなポジションに反してスポーティーな走りを得意とする。

 

 

大型アメリカンバイクおすすめ㉒サンダーバード

名車の名を受け継ぐ英国のマシン 

トライアンフ サンダーバード
f:id:hadoutaitei:20170228033752j:image1950年代発売の初代サンダーバードの名を受け継ぎ、生まれ変わった本車は09年にデビュー
シリーズのスタンダード的モデルで排気量は1597cc
クラシカルな機体に搭載された水冷4スト並列2気筒はスポーティーな走りも楽しめる。

 

大型アメリカンバイクおすすめ㉓ ロケットIII ロードスター

世界中のライダーを驚かせた超ド級のモンスタークルーザー
トライアンフ ロケットIIIロードスター
f:id:hadoutaitei:20170228033807j:imageエンジンは1気筒あたり800ccにも迫る、世にも珍しい2294ccの直列3気筒で、これは3気筒エンジンとして量産車世界最大排気量となる。
さぞかしドコドコとした鼓動感かと思いきや、スポーツバイクの様なレスポンス瞬時に高回転まで到達する異様なアメリカンバイクに仕上がっている。

 

大型アメリカンバイクおすすめ㉔カリフォルニア1400カスタム

イタリア最古のメーカーモトグッツィの放つ個性抜群のビッグアメリカン

f:id:hadoutaitei:20170228033821j:image
モトグッツィ伝統の縦置きVツインを搭載し、排気量は1380cc。
見た目のインパクトもさる事ながら、他のバイクでは味わえない鼓動感・乗り味を楽しめるアメリカンバイクになっている

 

大型アメリカンバイクおすすめ㉕MGX-21フライングフォートレス

「空飛ぶ要塞」の名を冠する異色のカスタムクルーザー 

モトグッツィ MGX-21 フライングフォートレス

f:id:hadoutaitei:20170228033834j:image
上記のフォルニア1400をベースに、戦闘的なカスタムを施したツーリングモデル排気量は1380cc。
ヘッドライトのLEDやカーボン製の外装など、伝統のエンジンと最新技術のミックスが面白いマシン

 

今のバイクを高く売ってアメリカンに乗り換えてみる?
【バイクブロス】かんたんお試し一括査定

 

スポンサーリンク
 

あなたにおすすめの記事

www.bikemanv2.com

www.bikemanv2.com