ガジェット

バイクのスマホホルダーおすすめ5選!

近年ツーリングなどで大活躍のナビアプリ
見知らぬ地ではヘルメットスピーカーからの音声だけでも頼もしいですが、やはり画面を見れると更に分かりやすいですよね

というわけで今回は、運転しながらスマホも見れる!
バイク乗りにおすすめのスマホホルダーをまとめました!

バイク用スマホホルダーのタイプ

クランプ型:街乗りメインにおすすめ

四方のクランプでガチッと固定するクランプ型。ゴムバンドで止めるタイプも大きく括るとこのタイプ。バイクのスマホホルダーで最もスタンダードなのがこのタイプです。最大の特徴はスマホの脱着が簡単な事で、頻繁に乗り降りする「ちょっとそこまで」の街乗りに最適です。

更にスマホがむき出しなので操作性も抜群なのですが、その反面、雨や埃などに晒されてしまいます。また、走行中の振動でクランプが緩みスマホが落下…と言うリスクもゼロではありません。

クランプ型のメリット

  • スマホの脱着が容易
  • 操作性が抜群
クランプ型のデメリット

  • 天候の変化に弱い
  • スマホ落下のリスクあり

ポーチ(ケース)型:ロングツーリングに!

ツーリングメインならポーチ型がおすすめです!名前の通りスマホがスッポリ入るポーチの様になっているので、雨やホコリに強く突然の天候の変化にも対応出来ます。

デメリットとしては、剥き出しのクランプタイプと比べて操作性は低めなので、ナビ表示がメインとなるシーンにおすすめです。また、時折日差しが反射して画面が見えづらくなったり、スマホが熱を持つとケース内が曇ったりもします。

ポーチ型のメリット

  • 雨やホコリに強い
ポーチ型のデメリット

  • 操作性が低い
  • 画面が見え難くなる事がある

セパレート型:脱着かんたん振動も◎

セパレート型はハンドル側に取り付ける「マウント」とスマホ側に取り付ける「アダプター」に分かれた、近頃スマホホルダー界を騒がせている最新タイプ!

はめ込んでひねるだけのワンタッチ脱着としっかりとした固定力で、クランプ型の進化版と言ったポジションです。

スマホ側の「アダプター」は専用のスマホケースと、バンカーリングの様に貼り付けるタイプがあります。

ただしお察しの通り、マウントとアダプター両方を購入する必要があるので、他のスマホホルダーよりちょっとお値段高めです。

セパレート型のメリット

  • ワンタッチ脱着
  • 操作性が高い
セパレート型のデメリット

  • ちょっと値段が高い
  • 天候の変化に弱い

バイク用スマホホルダーの選び方

それぞれのタイプの特徴を確認したところで、スマホホルダーの選び方をチェックしましょう!

ハンドルの径を確認!

まずはハンドル径を確認しましょう。汎用タイプだからと言ってサイズを確認を怠ると、購入後に取り付けられず無駄に出費になるかも知れません!

参考として一般的なバイクのハンドルサイズを載せておきます。多くの場合でこの3つのどれかでしょう。

  • 22.2㎜(7/8インチ)
    一般的なハンドル径。ネイキッドや原付など幅広いバイクで使用される。
  • 1インチ
    ハーレーなどのアメリカンバイクに使用される。約25.4㎜
  • 28.6㎜
    グリップ部のみ22.2㎜で、ハンドルを固定するトップブリッジ(中央部)のみ28.6㎜になっているハンドル。ファットバー、テーパーハンドルと呼ばれ、オフロードバイクなどに多い。

スマホのサイズを確認!

iPhone・Xperia・pixelなど、スマホのサイズは数多くあります。多くのバイク用スマホホルダーでは多少のサイズ調整が可能ですが、自分のスマホがどのホルダーに合うのか、事前にスマホの縦・横・厚みを確認しておきましょう。

また、ケースを頻繁に変えたり、将来的にスマホを買い換える場合は調節幅の大きい汎用タイプだと経済的です。

バイク用スマホホルダーおすすめ

バイク スマホホルダーおすすめ①デイトナ バイク用スマートフォンホルダー


デイトナ(DAYTONA スマートフォンホルダーWIDE IH-250D

バイク乗りお馴染みのメーカーであるデイトナから、多彩な機種に対応するスマートフォンホルダー!スマホのサイズに合わせて上下左右のフックパーツを調節できる為、最新のiPhoneから旧式の5/6/6plus、加えてXperiaなど様々なスマホに対応できる。

サイズの目安は高163mmx幅85mm程度
ハンドルの取り付けサイズはφ22~29と幅広く対応している。

更にこちらはリジットタイプとクイックタイプの2種類があり、クイックタイプはその名の通り工具無しでハンドルバーへの脱着が可能。
リジットタイプでは六角レンチで脱着を行う為、手間はかかるが盗難などの心配を軽減してくれる。

タイプクランプ型
ハンドル径22〜29㎜
対応スマホサイズ縦110㎜〜163㎜ 幅50㎜〜85㎜ 厚さ6〜18㎜

バイク スマホホルダーおすすめ②Barsado バイク用スマートフォンホルダー

簡単ガッチリ固定が魅力的なBarsado ダイヤル式 スマートフォンホルダー
ダイヤル操作で誰でも簡単・楽チンにサイズ調節が出来る優れもの

装着可能なスマホのサイズは 幅58〜90mm 高さ115〜180mm
厚さは調節パットを使用する事で6mm〜12mmの調節が可能

ハンドルバーは22〜32mmに対応していて様々なバイクに取り付けられます。
ボールジョイントで360度好きな角度で固定できるので画面の操作もストレスフリー!
高いホールド力に定評がありますが、オフロードやスポーツバイクにはちょっと役不足かな〜と言ったところ。ビジネスバイクなど通勤通学の際におすすめです!

タイプクランプ型
ハンドル径22〜32㎜
対応スマホサイズ幅58〜90㎜ 高さ115〜180㎜ 厚さ6〜12㎜

バイク スマホホルダーおすすめ③Orinsong バイクスマホホルダー


自転車用スマホホルダーを開封レビュー!

トップクラスのコスパを誇るOrinsong バイクスマホホルダーです!
特徴は何と言ってもその安さ、コストパフォーマンスが非常に高く、「取り敢えずなんでもいいや!」というライダーにおすすめ。

iPhoneはもちろんGalaxy などにも対応していて、ボタンを押すと自動で開くアームとスマホをガッチリと固定するアンカーバンドのダブルホールドで安心して使用できます。
360度回転可能なのでナビアプリとも相性がいいです。
取り付けサイズはハンドルが20mm~40mm
スマホは横幅約97mmまで対応しています。

タイプクランプ型(ゴム)
ハンドル径20〜40㎜
対応スマホサイズ横幅97㎜

バイク スマホホルダーおすすめ④KOMOTU バイクスマホマウントホルダー

魅力的な防水性を備えたKOMOTUのポーチ型スマホホルダー
何と言ってもその特徴はポーチ型ならではの防水性とクッション性
急な雨に降られた時や、立ちゴケなどのちょっとした転倒時にもスマホを保護してくれる為、ツーリングライダーやオフロードライダーにおすすめ。

また、ポーチ型の弱点である光の反射をサンバイザーを防いでくれる。
iPhone7plusやXperiaなど最大6インチのスマホに対応。

タイプポーチ型
ハンドル径20〜40㎜
対応スマホサイズ縦168㎜横92㎜(iPhone XR/Xs/X/8/7/6/6s/Plusなど)

バイク スマホホルダーおすすめ⑤Barsado USB電源付きバイク用スマホホルダー

充電機能を搭載した使い勝手No.1のスマホホルダー!
便利なナビアプリを使ってのツーリングで怖いのはスマホの充電が切れてしまった時!しかし心配ご無用。このスマホホルダーならアプリを使用しながら充電も同時にしてくれる為、ツーリングライダーに超おすすめのスマホホルダー!

サイドアームとゴムバンドで固定するタイプで対応スマホサイズは58㎜〜90㎜
ハンドル径は22㎜〜35㎜に対応しています。

タイプクランプ型(ゴム)
ハンドル径22〜35㎜
対応スマホサイズ縦110㎜〜163㎜ 幅50㎜〜85㎜ 厚さ6〜18㎜