250cc

250ccのネイキッドバイクおすすめ11選!

今回はバイクの中でも最もベーシックな形である「ネイキッドバイク」についてまとめていきます

ネイキッドは名前の通り「裸」という意味で、カウルなどが付いていないバイクを指します。400ccのネイキッドバイクはこちら!

250ネイキッドバイクおすすめCBR250R


鋭い加速とマッシブボディが特徴的なシングルネイキッドスポーツ。
ホンダが放つ新世代CBは全回転域で鋭い加速を発揮する単気筒エンジンと、軽量なボディを組み合わせクイックな挙動とパワフルなトラクションを楽しめる。

2019年からはサスペンションのセッティングを変更して、より足付き性が向上。更にABSが標準装備となった。

250ccネイキッドバイクおすすめ①ホーネット


痺れるサウンドが魅力のHONDA ホーネット250
スズメバチの名を冠する高回転型ネイキッドバイク ホーネット250は、流れる様な美しいフォルムに250ccでは中々お目にかかれない180サイズの極太リアタイヤを装備。これにより、直進安定性能とコーナーリング性能の安定性が高くなった。

最大の特徴はカムギアトレーン 通常、高コストのカムギアトレーンは市販車に採用される事は滅多にないがホーネット250は、たまげた事にそれを採用。カムギアトレーンによるサウンドは独特の高音を奏でライダー達を魅力する。

250ccネイキッドバイクおすすめ②CB250F


攻撃的なデザインのストリートファイターモデルHONDA CB250F
水冷単気筒エンジンでゆったりオールマイティに楽しめるHONDAのCB250F 目を引く特徴的なデザインは攻撃的なストリートファイターモデルでとってもカッコいい仕上がりになっている。

良く曲がり、走行安定性もあり、リッター35キロと燃費もいい 非常に安心できるバイクではあるが、特に「ここが凄い!」という特徴がないのがちょっぴり寂しいところ デザインが気に入れば買って損なしの安定したネイキッドバイクです

250ccネイキッドバイクおすすめ③VTR250


Vツインエンジン搭載のロードスポーツネイキッド HONDA VTR250
高級感のあるダイヤモンドフレームに水冷90度Vツインを抱え込んだインパクト抜群のネイキッドバイク。

エンジンはVツインマグナにも採用されたものをロードスポーツテイストにチューンナップ。低中域において粘り強い特性となった また、ピボットレス構造の軽快なハンドリングと軽い車体は女性や初心者ライダーにもおすすめの、扱いやすいネイキッドバイクに仕上がっている

250ccネイキッドバイクおすすめ④FZX250 ジール


攻撃的なツインスパーフレームに水冷直列4気筒エンジンを搭載したYAMAHA fzx250は「熱意」を意味するジールのペットネームと共に1991年にデビュー。

エアスクープの様なビックラジエターカバーに剥き出しのツインスパーフレームと、インパクト抜群の個性派ネイキッド エンジンを下方に固定した事により低重心になった事に加え、足つきが良く取り回しも楽チンである。こちらも女性や初心者ライダーにもおすすめで、個性が映えるネイキッドバイクだ

250ccネイキッドバイクおすすめ⑤R1-Z


今は無き2ストエンジンを搭載したYAMAHA R1-Z
爆発的加速が魅力の2ストロークエンジンを搭載したYAMAHA R1-Zは1990年に発売され8年後の1998年に排ガス規制や騒音問題によりその幕を閉じてしまった。

135㎏の車体はとにかく軽く、取り回しが非常に楽ではあるが、その反面、2ストロークエンジンによる加速にその軽さが拍車をかけ、危険でピーキーなバイクでもある。 その為、それなりの知識とテクニックが要求される場面は多いが、良くも悪くも4ストロークでは味わえない乗り味を堪能できる。

中古車両もそれなりに出回っているので、比較的新しい年式の2stネイキッドバイクを入手出来る数少ない車種

250ccネイキッドバイクおすすめ⑥MT-25


大都会のチーターをコンセプトにしたパワフルマシンYAMAHA MT-25
2015年の発売と同時に未だ人気の高いYAMAHAのMT-25は、各部ディテールに拘った繊細なクオリティと、パワフルな並列2気筒エンジンを搭載した人気のモデル 軽量で取り回しやすい車体と、250ccクラスでは珍しい6速ミッションで効率的にパワーを引き出せる為、加速もスムーズ。街乗りから高速までこなせるパワフルでエキサイティングなネイキッドバイクに仕上げ初心者からベテランライダーまで楽しめる近年稀に見るヒットモデル

250ccネイキッドバイクおすすめ⑦カタナ250


唯一無二のデザインで今なお人気のSUZUKI GSX250S
通称「小カタナ」で人気のカタナ250は何と言っても、このデザイン。一度見たら脳裏に焼きつくクセの強いデザインで多くのライダーに衝撃を与えた傑作名機である。

超高回転型に味付けされた水冷直列4気筒エンジンは、250ccとは思えないハイパワーを叩き出しレーシーで迫力のあるサウンドを奏でる 純正で既にセパレートハンドルを装備しており、慣れないうちは中々乗りこなせないが、そこがまた楽しいところでもある。最終モデルから既に17年経過している立派な旧車なので、トラブルは付き物ですが、それでも惹きつけられる高い魅力のネイキッドバイクです。

250ccネイキッドバイク⑧バンディット250


エキサイティングな乗り味が魅力のSUZUKI バンディット250
「無頼の輩」を意味するバンディットの名の通りパワフルでエキサイティングなネイキッドバイク 流れる様な美しいデザインに搭載された、高回転型4気筒エンジンは、痺れるサウンドを奏で、ライダーを魅了する 特に高回転域に突入した際のレーシーなサウンドは必聴。

軽い車体と、足付きの良さで運動性能が高く、特にコーナーは非常に楽しめる。これもまた、古いネイキッドバイクの為、ピーキーで手間はかかるが、走る楽しさを強く実感する事が出来るおすすめのネイキッドバイクです。

250ccネイキッドバイクおすすめ⑨GSR250


250ccとは思えない大きな車格が人気のSUZUKI GSR250
非常にクセの強い見た目で、良くも悪くも個性的なSUZUKIのGSR250は250ccには思えない大きな車格と、穏やかなエンジン性能でゆったり走れるネイキッドバイク。見た目と反してクセが少ないのだ。シート位置が低い為、足付き性能が良く女性でも扱いやすい また、価格も安いのでエントリーバイクにもおすすめです エンジン音も静かで時代に合ったネイキッドバイク

250ccネイキッドバイク⑪バリオス2


無骨なフォルムの高回転型ネイキッドKawasaki
バリオス2 飾り気のない漢らしいフォルムで人気のKawasaki バリオス2は先代バリオスの後継機。エンジンレスポンスを向上させ、1997年にフルモデルチェンジとして登場した。

気持ちのいい程に軽快な高回転型エンジンは街乗りから高速まで広く楽しめる。 軽い車体で運動性能も高く、足付き性能も良い。Kawasakiには珍しくクセのない乗り味で万人が楽しめるネイキッドバイクに仕上がっている。

250ccネイキッドバイクおすすめ⑫Z250


Zを受け継いだストリートファイターモデルKawasaki
Z250 エキサイティングな乗り味で人気の高いZシリーズ初の250cc化。攻撃的なストリートファイタースタイルに仕上げたKawasaki Z250。

2013年から現在まで販売されている比較的新しいエントリーのネイキッドバイクでダイヤモンドフレームに水冷並列2気筒エンジンを搭載している。街乗りなどの低速走行でも安定したトルクがあり、見た目と裏腹にかなり乗りやすい味付けになっているので女性や初心者ライダーにもおすすめのネイキッドバイク

250ccネイキッドバイク 最後に

毎度おなじみの締めですが、結局は自分の気に入ったバイクを乗るのが一番です。 しかし今回は絶版車についてもまとめたので、年式の古い、中古車両の購入については、充分なリサーチと現車確認をしてしっかりとした車体を選びましょう!

今のバイクを高く売ってネイキッドに乗り換えてみる?
【バイクブロス】かんたんお試し一括査定