エンジン

単気筒エンジンの特徴とおすすめバイク10選!

単気筒エンジン!

パワフルなトルクとシンプルな構造で古くから愛されているエンジンの一つです。

今回は単気筒エンジンの特徴と代表的なおすすめバイクを紹介します!

単気筒とは?

単気筒とはシリンダーが1つのエンジンの事です。
単気筒とは?

非常にシンプルなその構造は軽量でコストを抑えられる為、主に原付や250ccビッグスクーターなどの小排気量バイクに搭載される事が多いです。

通称シングルとも呼ばれ、更に400cc以上になるとビッグシングルと呼ばれています。

単気筒を搭載したバイクは、その取り回しやすい軽さとシンプルな構造で多くのライダーに愛されているエンジンです。

単気筒エンジンの特徴

単気筒エンジンの特徴

力強いトルク感

低回転時やスタートダッシュでの強烈なトルクは単気筒エンジン最大の魅力です。
身体が後ろに引っ張られるかの様なパワフルな加速と高い制動力を誇るエンジンブレーキでストップ&ゴーの多い街乗りに最適。

鼓動(振動)

先述の通りシリンダーが1つである単気筒エンジンは1発の爆発が大きく独特の鼓動感を楽しむ事が出来ます。
400ccクラスともなるとその鼓動は最新のハーレーよりも大きく感じる車種もあり このブルブルとした振動が「マシンって感じで最高!」というライダーも多くいます。

整備・メンテナンスが楽

単気筒エンジンは構造がシンプルな為、整備やメンテが非常に楽です。

例えば、エンジンの調子がちょっと悪いので「プラグを変えよう!」「キャブをオーバーホールしてみよう!」とした場合
4気筒であればプラグを4本 キャブも4つオーバーホールとなりますが、単気筒であればそれぞれが1つで済んでしまいます。
当たり前の話ですが、シンプルであればそれだけ整備やメンテ 壊れた際のトラブルシューティングも楽です。

維持費・修理費が安い

単気筒は燃費が良く実燃費でも25〜30km/Lという車種が多くあります。
例えばSR400の場合 カタログ上ではありますが41km/Lという驚異的な数値になっています。

さらに構造がシンプルなので、トラブルが起きた際も修理費用や部品が安く済むというメリットがあります。

単気筒エンジン音

単気筒エンジン独特のトコトコとしたエンジン音!文字じゃ伝わらないので動画をどうぞ


SR400 エンジン音 スーパートラップマフラー

単気筒250ccおすすめ

エストレヤ

エストレヤ

250ccクラシックタイプで断トツ人気を誇るKawasaki エストレヤ。英国車を彷彿とさせる上品なデザインと高い足付き性能で、女性人気が非常に高く1992年の発売以来ロングセラーを誇るマシン。兄弟機にエストレヤRSやエストレヤカスタムなども存在する。

総排気量249㏄
エンジン空冷単気筒
車両重量161kg
シート高735mm
中古販売価格15万〜45万円

GB250クラブマン

GB250クラブマン

単気筒でありながら俊敏なレスポンスと鋭利な旋回性能を誇るHONDA GB250クラブマン。その登場は1983年 レトロなフォルムとスポーティーな乗り味で長きに渡り支持されたロングセラーマシン。400cc用をデチューンした単気筒エンジンは非常に頑丈。

総排気量249㏄
エンジン空冷単気筒
車両重量132kg
シート高755mm
中古販売価格15万〜30万円

sw1

SW-1

これぞSUZUKIの賛否両論分かれるデザインで1992年に発売されたSW1は案の定短命に終わってしまったマシン。エンジンは壊れ難い事で定評のあるボルティーの空冷単気筒を搭載し、目を惹く独特な外装には各所に収納スペースを備えている為使い勝手は非常に良い。

総排気量249㏄
エンジン空・油冷単気筒
車両重量183kg
シート高770mm
中古販売価格30万〜65万円

ニンジャSL

ニンジャ250SL

車重149kgの車体にパワフルな単気筒エンジンを搭載した超軽量ボディのスーパースポーツ KawasakiニンジャSL。スリムで軽量なその車体は中毒的な乗り味を楽しむことができ取り回しも楽チンな為、男女共におすすめのバイク。

総排気量249㏄
エンジン水冷単気筒
車両重量149kg
シート高780mm
中古販売価格20万〜45万円

単気筒400ccおすすめ

SR400

SR400 4型

1978年の登場以来 変わらぬ姿のシーラカンスマシンYAMAHA SR400。様々な時代のライダーに愛されたシンプルな構造と、軽快で力強い乗り味を楽しめるマシン。カスタムパーツも多くトップクラスの「いじり易さ」で自分だけのマシンを作れる。

総排気量399㏄
エンジン空冷単気筒
車両重量175kg
シート高790mm
新車販売価格58万円

CB400SS

CB400SS

single sportsの名前の通り単気筒を載せたクラシカルな車体でスポーツ走行も楽しめるHONDA CB400SS。指導方式はセル&キックだがキックのみの旧型は中古相場が安く手軽に単気筒を体感できる。

総排気量397㏄
エンジン空冷単気筒
車両重量156kg
シート高790mm
中古販売価格20万〜35万円

テンプター

テンプター

打倒SRを掲げ登場したネオクラシックのダークホースSUZUKI テンプター。ヨーロピアンレーサーを彷彿とさせる王道クラシカルスタイルにフロントのダブルドラムブレーキやH型断面リムなど、各所に他を寄せ付けない拘りが宿るマシン。短命に終わってしまったがその造形美はSRに勝るとも劣らない隠れた名車。

総排気量396㏄
エンジン空冷単気筒
車両重量173kg
シート高780mm
中古販売価格20万〜35万円

大型単気筒おすすめ

SR500

SR500

クラシカルなデザインで高い人気を誇るSRを、扱い易さはそのまま500ccで楽しめるYAMAHA SR500。SR400以上の強烈なトルクとパルス感で玉数は少ないながら根強い人気を誇っている。

総排気量499㏄
エンジン空冷単気筒
車両重量153kg
シート高780mm
中古販売価格35万〜65万円

ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT

コンチネンタルGT

1965年発売当時の姿を復活させたロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT セパハンやバックステップを装備したスパルタンなカフェレーサースタイルに535ccのOHVビッグシングルを搭載。当時と変わらぬ荒削りな鼓動感と軽快な走りを楽しむことができる。

総排気量535㏄
エンジン空冷単気筒
車両重量192kg
シート高810mm
中古販売価格45万〜95万円

SRX600

srx600

根強い人気を誇るYAMAHA SRX600は、極限までスポーツ性能を高めた単気筒の1つの完成形というべきマシン。その乗り味は単気筒の宿命である「頭打ち感」が無く、強制開閉と負圧式のダブルキャブで、速度が上がるにつれて単気筒とは思えないスムーズな加速を楽しめる。単気筒の常識が覆るおすすめのマシン。

総排気量608㏄
エンジン空冷単気筒
車両重量170kg
シート高760mm
中古販売価格35万〜100万円以上

 

バイクを乗り換えるなら一括査定がオススメ

バイクを乗り換える際に頭を悩ませるのが「今の愛車をどこに売るべきか…」という問題。

バイクブロスでは最大8社から無料で査定額を比較することができ、一番高い会社と安い会社で査定額に20万円もの差が付く事も!

申込も1分で簡単に愛車の最高額が分かります。

バイクブロス愛車無料一括査定