【完全版】250cc人気おすすめバイク25選!【新車・中古】

スポンサーリンク
 

 

250ccネイキッドバイク

HONDA ホーネット

f:id:hadoutaitei:20180906092156j:plain
スズメバチの名を冠する超高回転型ネイキッド。

ホーネット250は流麗なボディに250ccでは贅沢な180サイズの極太リアタイヤを装備。これにより高い直進安定性とクイックな挙動を手に入れた。

更にホーネット最大の特徴はそのサウンド。搭載する水冷並列4気筒には、通常 市販車には採用されない「カムギアトレイン機構」を採用。ジェット機の様な甲高いサウンドがライダーの心を鷲掴みにし、2006年に生産終了となったにも関わらずいまだに人気は衰えていない。

HONDA VTR

f:id:hadoutaitei:20181126225503j:plain
インパクトのあるトラス構造フレームに水冷V型2気筒を抱えんだホンダのロングセラーマシン。

エンジンは信頼性の高いVツインマグナの心臓をロードスポーツテイストにチューンナップ。スタートダッシュから常用域まで扱い易いトルクと加速を実現した。

更に特筆すべきは軽い車重と軽快なハンドリング、高い足付き性能を備えているので、女性やビギナーにもおすすめのフレンドリーなVツインスポーツに仕上がっている。

YAMAHA FZ25

f:id:hadoutaitei:20180413101224j:plain


YAMAHAがバイク激戦区「インド」に向けて開発した最新マシン。

FZ25はエントリーマシンとしてリーズナブルな価格を実現し、更にその性能もストップ&ゴーの多い日本の道路事情にマッチした軽量ボディと単気筒の組み合わせ。クイックな挙動とパワフルなトルクは、バイクを操る中毒性をお手頃価格で楽しめる。

YAMAHA FZX250 ジール

f:id:hadoutaitei:20180511034556j:plain
「デザインのヤマハ」が放つ個性派250ネイキッド

サイドに備わるビッグラジエーターカバーに盛り上がったタンクなど、躍動感のあるデザインが特徴。エンジンは水冷並列4気筒を下方に固定、低重心となった事でコーナーリングと取り回しの良さが光るマシンになっている。

SUZUKI バンディット

f:id:hadoutaitei:20180511040127j:plain
剥き出しのフレームに超高回転エンジンを搭載したスポーツネイキッド。

軽量ボディとパワフルな並列4気筒がもたらす高い運動性能でエキサイティングな走りを楽しめ、特にコーナリングは非常に楽しめるマシン

特に高回転域でのレーシーなサウンドは必聴であり、無駄に回したくなる中毒性がある。

Kawasaki バリオス2

f:id:hadoutaitei:20180511035323j:plain
ギリシャ神話に登場する不死の名馬「バリオス」の名を冠した高回転型ネイキッド

先代バリオスの後継機として登場し、スタイルに大幅な変化はないもののエンジンレスポンスの向上により、気持ちの良いほど軽快な吹け上がりを見せる。無骨なイメージのマシンだが、軽い車重と高い運動性能で仕上がりは意外にもフレンドリー。

250ccストリートファイター

HONDA CB250R

f:id:hadoutaitei:20190319054927j:plain
鋭い加速とマッシブボディが特徴的なシングルネイキッドスポーツ。

ホンダが放つ新世代CBは全回転域で鋭い加速を発揮する単気筒エンジンと、軽量なボディを組み合わせクイックな挙動とパワフルなトラクションを楽しめる。

2019年からはサスペンションのセッティングを変更して、より足付き性が向上。更にABSが標準装備となった。

YAMAHA MT-25

f:id:hadoutaitei:20190319060007j:plain
「大都会のチーター」をコンセプトに、実用的な低中速での扱い易さと高速域でのパワフルさを合わせ持つヤマハのMT-25。

アップライトなポジションと168kgの軽量な車体が市街地での俊敏性を高め、一体感のあるクイックな走りを楽しめる。

SUZUKI GSR250

f:id:hadoutaitei:20181126224351j:plain
穏やかなエンジン性能とクラストップの大きなボディでエントリーバイクとして人気を集めるGSR250。

攻撃的なストリートファイタースタイルだが、フレンドリーな乗り心地とリーズナブルな価格でビギナーから女性まで一定の人気を誇っている。

Kawasaki Z250

f:id:hadoutaitei:20190323202045j:image

カワサキにおいて深い歴史を持つZシリーズ初の250ccモデル。

異形ヘッドライトにサイドカウルを装備した凶悪なツラ構えのマシンだが、その乗り心地はフレンドリーそのもの。

軽量ボディに包まれた並列2気筒エンジンは低速でも安定したトルク性能を持っている為、ゆったりと街を駆け抜けるも良し、クイックな挙動でコーナリングを楽しむも良し、見た目に反して非常に乗り易く仕上がっている。

250ccスーパースポーツ

スポンサーリンク
 

HONDA CBR250RR

f:id:hadoutaitei:20190323202238j:image

クラストップの出力と250ccとは思えない豪華装備で、2017年の登場以来高い人気を誇るCBR250RR。

エンジンは低中速でのトルクと高回転までシャープに吹ける並列2気筒を搭載。3種類のライディングモードを設定する事で、よりライダーに合ったパワー特性で走りを楽しめる。2019年にはCBR1000RRを彷彿とさせるカラーリングが加えられた。

YAMAHA YZF-R25

f:id:hadoutaitei:20190323205751j:image

「毎日乗れるスーパーバイク」として遊びと実用を両立したYZFシリーズの250ccモデル。

人気を博したR-25も2019年からはガラリとスタイルチェンジ。空気抵抗を軽減させる新形状カウルに待望の倒立フォークを装備して、MotoGPマシンであるYZF-M1イメージになっている。

f:id:hadoutaitei:20190323205806j:image

それに伴いサーキットでの扱い易さが高められたが、低速から粘り強いエンジンや視認性に優れたフル液晶メーターなど、市街地での扱い易さも健在だ。

SUZUKI GSX250R

f:id:hadoutaitei:20190323202619p:image

マイルドなエンジン性能と乗り易いポジション、更に対スズキ抗体がなくても安心のド直球な格好良さ。

GSX250Rは、高いハンドル位置と常用域での扱い易さを重視した並列2気筒を搭載し、同クラスのSSと比べると格段に街乗りが楽しい仕上がりになっている。2019年にはMotoGPカラーが追加された。

Kawasaki ニンジャ250

f:id:hadoutaitei:20190323203011j:image

250ccスーパースポーツの火付け役としてブームを牽引してきたニンジャ250も気付けば既に3代目。

搭載する並列2気筒はスロットルバルブの大型化、効率よくエアを吸い込むダウンドラフト吸気などを採用。車体も剛性バランスと軽量化を意識して、エンジン、ボディ共に扱い易さに磨きをかけている。最新となる2019年モデルはカラーリングの変更が行われた。

KTM RC250

f:id:hadoutaitei:20180418083053j:plain
オフロードで猛威を奮うKTMが放つ本格スーパースポーツ。

盛り上がったタンクに高めのシート高、低いセパハンを装備してポジションはかなりスパルタン。街乗りを意識した同クラスに比べ極端に走りに振った構成になっている。

また、エンジンは単気筒ながらも乾燥147kgの軽量ボディとの組み合わせにより、コーナリングは中毒的な楽しさを誇る。

250ccクラシックバイク

HONDA クラブマン

f:id:hadoutaitei:20190323203202j:image

1983年に登場したクラブマンは多くの世代に愛されてきたホンダのロングセラー車。

頑丈な作りに定評のある空冷単気筒は、高回転まで吹け上がる意外な味付け。俊敏なレスポンスと鋭利な旋回性能が生み出す高いスポーツ性能が特徴的。

惜しまれつつも1997年に生産は終了したが、球数の多さから中古相場は比較的リーズナブル。セカンドバイクとしても手頃で遊べるマシンとなっている。

YAMAHA SRV250

f:id:hadoutaitei:20190323203303j:image

ブリティッシュデザインが美しいヤマハのネオレトロスポーツ。

エンジンはビラーゴ250のV型2気筒をベースとしているが、ボディのデザインと違和感の無い様ビジュアルを一新するこだわりぶり。

非常に完成度の高いバイクだったが当時の人気は今ひとつで、結局不人気車として絶滅。しかしそれ故に街では見かけず、中古相場も安いので他と被りたくないライダーにおすすめ。

Kawasaki エストレア

f:id:hadoutaitei:20181126225521j:plain
カワサキの誇るロングセラーマシンにして、250ccクラシック最大人気車種。

心地好いパルス感の空冷単気筒にクロームメッキのキャブトンマフラーなど、クラスを超えた高品位な装備と気品に満ちたレトロムードが人気の秘密。足付き性能も比較的高く、女性人気が非常に高い。

SUZUKI SW-1

f:id:hadoutaitei:20190323203332j:image

フランス料理の前菜「エスカルゴ」に使用される食用カタツムリには、リンゴマイマイの他にSW-1が一般的である。

豊かな風味 そして独創的な外殻に覆われたSW-1は、一見スクーターの様に見えるが中身はしっかりとMT車になっており、タフな作りに定評のあるボルティーの空冷単気筒を搭載。
ガソリンタンク上部やホイールカバーは全て収納スペースになっており、街乗りでの使い勝手は非常に良好であったものの、カタツムリらしからぬ速さで生産終了となった。

なお、近年では絶滅が危惧されるリンゴマイマイ、SW-1の代用としてアフリカマイマイが用いられる。

250ccアメリカン

HONDA レブル250

f:id:hadoutaitei:20180906092500j:plain
レーサーレプリカ全盛期に登場した初の国産本格250アメリカン「レブル」の名を引き継ぎ登場した最新クルーザー。

スリムボディに特徴的なタンク形状はワイド&ファットなタイヤを強調させ、250ccとは思えない大柄な印象を与える。更にシート高は690mmと非常に足付きが良く、年齢・体格・性別問わず安定したライディングを楽しめる。

YAMAHA ドラッグスター250

f:id:hadoutaitei:20190323203920j:image

国産アメリカン最大人気車種「ドラッグスター」の250ccモデル。

地を這う様なロー&ロングスタイルに空冷60度のVツインを搭載。迫力のある本格アメリカンスタイルだが、扱い易いトルクと足付き性の高いシート高など、見た目に反して非常に乗り易いのが特徴的。豊富なカスタムパーツで車検を気にせず弄り倒せるのも250の特権。

250ccオフロード&アドベンチャー

スポンサーリンク
 

YAMAHA セロー250

f:id:hadoutaitei:20190323204029j:image

2017年に息を引き取ったセローが復活!

お馴染み排ガス規制により生産終了したセローが、規制をクリアして念願の復活。極低速でもエンストの不安を感じさせないトルク特性でゆっくり、着実にオフロードを走破していくセローは世代問わず様々なライダーから人気を博した生ける名車種。

車重は従来の130kgから133kgと若干増加したが、コンパクトな車体とトルク特性、扱い易さはそのままだ。

HONDA CRF250L/type LD/M

f:id:hadoutaitei:20190323204858j:image

トルクフルな低回転域とパワフルな高回転域で、オン・オフどちらも自由気ままなに楽しめるマシン。

シート高を875mmから830mmに変更して足付きと取り回しを強化した「type LD」と、オンロードタイヤを装着した「CRF250M」もラインナップ。好みに合わせてチョイス出来る。

SUZUKI V-ストローム250

f:id:hadoutaitei:20181126224413j:plain
アップライトなポジションと充実装備でより気軽に旅を楽しめる、250アドベンチャーの人気車種。

大型ボディのGSR250をベースに、全回転域で扱い易い並列2気筒を搭載。高い防風性能を発揮するウィンドスクリーンに大型リアキャリア、安全性を高めるハンドガードを標準装備して、ライダーの長旅をサポートしてくれる。

Kawasaki ヴェルシス-X250 ツアラー

f:id:hadoutaitei:20190323205208j:image

カワサキの放つ250ccアドベンチャー「ヴェルシス」を、よりツーリングライクに仕上げたモデル。

飛び石などから手を守ってくれるハンドガードや転倒時のダメージを軽減するエンジンガード、積載量を増加させる左右パニアケース、スマホの充電などに使えるDC電源ソケットなど、旅を快適にする豪華装備が追加されている。

エンジンはニンジャ250の並列2気筒をベースにして、250ccながら高速巡航が苦にならない味付け。

 

今のバイクを高く売って250に乗り換えてみる?
【バイクブロス】かんたんお試し一括査定