【完全版】ドゥカティの人気おすすめバイク20選!

スポンサーリンク
 

ドゥカティの歴史

f:id:hadoutaitei:20180501164308j:image

イタリアの名家「ドゥカーティ 一族

ルネサンス期から優れた人材を輩出し続ける名家の血筋は、古代ローマ帝国にまで遡る。

その末裔として誕生したブルーノ・ドゥカーティとマルチェッロ・ドゥカーティの兄弟は、1926年にラジオ製造会社を創業。

1939年には従業員7000人の大企業となり、ラジオ 無線機のみならず様々な製品を生産した。


時は流れ第二次世界大戦後の1949年 遂にバイク事業へ参入する。

70年代初頭からエンジンの高回転化を可能にする吸排気バルブシステム「デスモドローミック」を90度V型2気筒Lツイン」と組み合わせ、4気筒エンジンをも凌駕するパフォーマンスを発揮。

f:id:hadoutaitei:20180502043227j:image

銅管パイプによるトラスフレームは、幅の狭いLツインと合わせて極めてスリムな車体を実現し、シャープなハンドリングを生み出した。

近年もMoto GPなどのトップカテゴリーのレースで活躍し、その技術を市販車に余さず反映。

軽い車体にエキサイティングなコーナリング、馬の様に地面を蹴り上げる強烈なエンジン。
ラテン・イタリアの血を色濃く感じるマシンは、中毒的な乗り味で全世界のライダーを魅了し続けている。

ドゥカティおすすめバイク

スポンサーリンク
 

パニガーレV4 /S/Speciale

f:id:hadoutaitei:20180501185216j:image

従来のLツインパニガーレに代わるフラッグシップ スーパースポーツとして投入されたパニガーレV4。限定車を除くとドゥカティ市販車初となるV型4気筒を搭載。「デスモセディチ・ストラダーレ」と呼ばれるこのエンジンは、点火タイミングや前輪リフトを抑止する逆回転クランクシャフトなど、MotoGPの技術をフィードバックしたレプリカエンジン。

スタンダードの他にもオーリンズサスを装備したSや、加えて外装がカーボン製となるなど数々の上級装備となったスペシャルもラインナップされている。

1299パニガーレ

f:id:hadoutaitei:20180501184638j:image

多くのライダーが憧れる世界最高峰のスーパースポーツ「パニガーレ」
205馬力を発揮するLツイン搭載車のフラッグシップモデルであり、イタリアンスポーツの雄として君臨してきたが、2018年モデルでファイナルエディションに。スパルタンなポジションと強烈なパワー そして色気溢れるイタリアンデザインは唯一無二の領域。

959パニガーレ/コルセ

f:id:hadoutaitei:20180501184404j:image

フラッグシップのパニガーレがV4となり、1299もファイナルエディションに。そんな中、伝統のLツインを守るミドルパニガーレ。公道やサーキットでのエキサイティングなスポーツ性能を追求し、アルミモノコックフレームにスーパークアドロエンジンなど基本設計は1299と同様だが、スイングアームは両持ち式。

MotoGPテイストのコルセには、オーリンズ前後サスにステアリングダンパ、リチウムイオンバッテリーにアクラポビッチ製チタンサイレンサーを装備。

スーパースポーツ/S

f:id:hadoutaitei:20180501184800j:image

ドゥカティ伝統のスーパースポーツが10年程のブランクを経て17年型で復活。やや高めのセパレートハンドルに、低中域での豊かなトルク 比較的フレンドリーな操縦性能でスポーティーな走行を楽しめる。S仕様は前後サスがオーリンズ製にアップグレードされ、クラッチレバーを握らずシフトチェンジが出来るクイックシフターやシングルシートカバーを標準装備。

999R

f:id:hadoutaitei:20180501185811j:image

かつてドゥカティのフラッグシップ スーパースポーツとしてラインナップされていた999R。専用設計のフレームをドライカーボン製のカウルで包み込み、足周りはオーリンズ製フルアジャスタブル前後サス、スーパーバイクレーサー仕様と同形状のスイングアームなどなど、走りに関する装備に一切の妥協がないモデル。

1098/S

f:id:hadoutaitei:20180502032857j:image

上記999系に変わり登場した かつてのフラッグシップモデル「ドゥカティ 1098」。MotoGPマシン・デスモセディッチの影響を感じさせる外装デザインに、お馴染み銅管トレスと水冷Lツインの基本構造。上級グレードの1098Sは前後がオーリンズサスとなり、マルケージーニ製のアルミホイール、カーボンフェンダーを装備。さらに走行データを記録するシステム「DDA」が搭載されてる。

ハイパーモタード 939/SP

f:id:hadoutaitei:20180502033905j:image

2005年のミラノショーでコンセプトモデルとして公開され、その先鋭的なデザインで注目を集めたモタードマシン。オフロードテイストのストリートファイターと言った立ち位置で、デザインはほぼコンセプトモデルそのままで発売。以降高い人気を誇り、現行モデルでは前後17インチホイールとストロークが長めのサスペンションで足元を固め、SPでは前後サスにフルアジャスタブルのオーリンズを採用し、カーボン外装などになっている。

ムルティストラーダ1260/S

f:id:hadoutaitei:20180502034441p:image

ワインディングから市街地、高速道路まで幅広いシーンで快適かつスポーティーに駆け回れるムルティストラーダ。人気を博した従来型1200の後継機として排気量を64cc拡大し、環境性能と常用域トルクをアップさせた。デザインも細部が見直され、標準装備の電子デバイスで快適性が向上。上級モデルのSはLEDコーナリングライトやセミアクティブサスペンションを備えている。

ムルティストラーダ1200エンデューロ

f:id:hadoutaitei:20180502034846j:image

ハードな旅に対応するドゥカティ製オフロードアドベンチャー。ムルティストラーダ1200Sをベースに、燃料タンクを大容量化、足回りはスポークホイールとなり前輪は19インチへ、さらにサスペンションストロークも延長され、スイングアームは剛性に優れる両持ち式になるなど、専用装備で本格的なダート走行を意識した仕上がり。

モンスター 1200/S/R

f:id:hadoutaitei:20180502035423j:image

発売以来高い人気を誇るドゥカティ「モンスター」。その登場は1993年に遡り、スーパースポーツモデルで人気を博していたドゥカティ初のネイキッドバイクとあり、当時のライダー達をどよめかせたマシン。今ではすっかりドゥカティの看板車種となり、中でも1200は現行モンスターの頂点に立つシリーズだ。Sは前後サスがオーリンズ製となり、ブレンボキャリパーやクイックシフターを搭載。Rはリヤフレームまで専用化してスポーツ性能を追求した。

モンスター797/Plus

f:id:hadoutaitei:20180501184827j:image

多くのモデルが水冷化しハイパフォーマンスになる中で、昔ながらのドゥカティが持っていた空冷Lツインならではの乗り味や鼓動感を楽しめるエントリーモデル。軽量な車体とエキサイティングなトラクションで登場以来高い人気を誇っている。プラスはシングルシートカバーやメーターバイザーが標準装備でドレスアップされている。

モンスター400

f:id:hadoutaitei:20180502035544j:image

かつてラインナップされていた中型免許対応の日本専用に用意されたエントリーモデル。ドゥカティ自ら「女性ライダーに乗って欲しい」と言う理由は、168kgの軽量な車体と44馬力の空冷Lツイン。扱い易くもアクセルを開ければパワフルに地面を蹴り上げ、重心を傾ければ中毒的なコーナリングが楽しめる。

ディアベル/カーボン/ディーゼル

f:id:hadoutaitei:20180502040042p:image

「悪魔」を意味する名前の通り、強烈なルックスと走りが特徴的なマッスルクルーザー。エンジンはスーパーバイク用をルーツとする「テスタストレッタ11°DS」を搭載し、マッシブな体つきながら意外にもスポーティーな走りを楽しめる。派生モデルとして外装にカーボンを素材を採用した「Diavel carbon」や、イタリアのファッションブランド「Diesel」とコラボしたカスタム仕様もラインナップされている。

f:id:hadoutaitei:20180502040117j:image

Xディアベル/S

f:id:hadoutaitei:20180502055717p:image

「ディアベル」をよりロー&ロングに仕上げ、ドラッグレーサーを彷彿とさせるスタイルに。1気筒600ccオーバーの大排気量Lツインが発する野太いトルクを、ドゥカティ市販車初のベルトドライブで極太リアタイヤに伝える。
f:id:hadoutaitei:20180502055751j:image
S仕様は光沢ブラックのボディカラーに車体各部の金属の質感を高めた仕上げが施され、タイフーンデザインの専用ホイール、ブレンボ製M50ブレーキキャリパー、デイタイムランニングライトやスマホとの連携機能を装備する。

スクランブラー1100/Special

f:id:hadoutaitei:20180502040830j:image

18年型で新たに追加された1100は、アルミ製スイングアームや燃料タンク ヘッドライトなど専用装備で登場。気負わずストリートを走れる現行スクランブラー トップシリーズ。上級モデルのスペシャルは走破性を高めたスポークホイールとなり前後フェンダーはアルミ製に。さらにキルティングシートでドレスアップされている。

スクランブラーカフェレーサー

f:id:hadoutaitei:20180502040850j:image

現行スクランブラーのスタンダードモデル「スクランブラー アイコン」をベースに、クラシカルな60年代カフェスタイルに変貌。前輪を17インチ化してロードスポーツ系のピレル製タイヤを装着。ハンドルはセパレートとなりスパルタンなポジションとなった。シングルシートカバーやゼッケンプレート風のサイドカウル、テルミニョーニ製サイレンサーで雰囲気抜群。

スクランブラー SIXTY2

f:id:hadoutaitei:20180502041038j:image

803cc仕様の空冷Lツインをボア・ストロークの縮小で399ccに。普通二輪免許で乗れる排気量にダウンサイジングし、エントリーバイクとしてビギナーが乗る事を考慮した結果 アイコンからシート高を20㎜低くしたフレンドリーな仕様となった。因みに車名は米国向けとして初代スクランブラーが誕生した62年に由来している。

スポーツ1000S

f:id:hadoutaitei:20180502041855j:image

ドゥカティが1970年代に生産していたマシンの美しいデザインを復活させたスポーツクラシックシリーズ。70年代風カフェレーサースタイルを再現したスポーツ1000Sは、低くマウントされたカウルとセパハン、マルゾッキ製倒立フォークなど見た目だけではない本格カフェ"レーサー"仕様。ボディの鮮やかなレッドにブラックアウトされたエンジン・マフラーのコントラストは鮮烈の一言。

スポーツ1000

f:id:hadoutaitei:20180502041954j:image

こちらも1971年デビューのドゥカティ750Sをモチーフにしたカフェレーサースタイルだが、カウルレスのネイキッドスタイルとなっている。デザインを重視してリアサスはあえてツインショックを採用しているが、高品位なパーツで足回りを固めているため現代的なスポーツ走行を楽しめる。

ポールスマート1000

f:id:hadoutaitei:20180502041101j:image

ドゥカティのスポーツクラシックシリーズ第1弾。1972年にイモラ200マイルレースを制した往年の名ライダー「ポール・スマート」の名を冠し、ドゥカティ750SSの色気溢れるデザインを蘇らせたモデル。クラシカルなロケットカウルにグリーンのトレスフレームは正にイモラウイナーそのままの仕様。全世界2000台限定のモデルだ。

 

今のバイクを高く売ってドゥカティに乗り換えてみる?
【バイクブロス】かんたんお試し一括査定