400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ22選!

前回250ccフルカウル・スーパースポーツ20選を紹介しましたが、今回は中型免許で楽しめる400ccフルカウル・スーパースポーツを、ツアラー レーサーレプリカを含めて紹介します!

 

スポンサーリンク
 

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ①CBR400R

f:id:hadoutaitei:20170808195930j:imageエンジンやフレームは400ccネイキッドであるCB400Fと共通で、パワフルな水冷並列2気筒を搭載するスーパースポーツ ホンダCBR400R。2016年モデルからは外装デザインが一新され空力性能が向上。更にマフラーはバンク角の深い多角型の新形状となり、タンクの容量は16lに拡大されている。ライダーの好みで調節出来るサスペンションやブレーキレバーの新機構も追加され非常にウェルカムなマシンに仕上がっている。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ②CBR400FエンデュランスF3

f:id:hadoutaitei:20170808200011j:imageハーフカウルなどを装備したエンデュランスの特別仕様として1984年に登場したF3は、ホンダ唯一の空冷CBRであり CBRを冠す唯一のネイキッドモデルでもあるCBR400Fをベースにしたレーサーレプリカ。エンジンは空冷4スト並列4気筒を搭載し、低速では2バルブ 高速では4バルブと回転数に応じて自動でバルブ数を切り替えるREV(後のVTEC)を装備している。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ③CBR400R NC23

f:id:hadoutaitei:20170808200128j:image初代CBR400RであるNC23は「新気流複合体!」と雄々しく登場し、ものの見事にズッコケてしまったホンダの黒歴史。高い空力性能を追求したフルカバードフォルムが壊滅的にダサかった様で、当時のライダーにはイマイチウケが悪かった。しかし165キロと軽量な車体に徹底した空力性能 更に250ccネイキッドであるホーネット同様カムギアトレーンを採用した前傾35度の水冷並列4気筒エンジンで、スポーツ&ツアラーな非常に使い勝手のいいマシンであった。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ④CBR400RR

f:id:hadoutaitei:20170808200230j:image「4ダボ」の愛称で爆発的人気を博したレーサーレプリカブームを代表するマシンの一つであるCBR400RR。量産市販車初のアルミマフラーをはじめ、フレームやホイールなど各所をアルミ製で仕上げた贅沢なマシンとなっている。ツアラー的要素が強かった上記CBR400Rから1988年にモデルチェンジとして登場し、ホンダ初のRRを冠したマシンでもある。エンジンは水冷4スト並列4気筒を搭載しカムギアトレーンを採用 今なお人気の衰えない傑作スーパースポーツだ。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑤NS400R

f:id:hadoutaitei:20170808200400j:imageレーシーなフルカウルに前2気筒 後1気筒の水冷2ストV型3気筒 通称V3エンジンを搭載したNS400Rは、レーサーレプリカ全盛期に登場した250ccオーバー2ストマシン。当たり前の様にコケたら死ぬであろう爆発的加速を行い、特に輸出仕様は72馬力を誇るトンデモマシンであった(国内仕様は59馬力)漫画「バリバリ伝説」の主人公「巨摩 群」の愛機の一つとしても知られているが特に人気はない。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑥VFR400R NC30

f:id:hadoutaitei:20170808200445j:imageVFR400RはワークスマシンであるRVF400をもとに、1986年に登場したレーサーレプリカ。発売から4年後にモデルチェンジしたNC30は特に人気が高く、先代からはデザインの変更に加え、ホイールベースが短くなり、クランクは90度から360度に変更されている。更にエンジンはカムギアトレインを採用した水冷V型4気筒という、今では想像もできないキャラの濃いエンジンを搭載している。左出しの4in1マフラーとカムギアトレインから轟くジェット機の様な滑らかで甲高いサウンドは、今なおハートを射抜かれるライダーが後を絶たない。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑦RVF

f:id:hadoutaitei:20170808200514j:imageホンダがスーパーバイクレースに参戦する為開発した大型レーサーレプリカRVF/RC45。その戦闘的スタイルを継承するRVFは、上記VFR400Rの後継機であり、ホンダが当時の技術力を結集させ作り上げたレーサーレプリカ。卓越した運動性能を誇り、特にコーナリングにおいてはクラストップレベルである。エンジンはカムギアトレーンを採用した超高回転型 水冷V型4気筒を搭載し、レッドゾーンは14500回転にも達する。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑧VF400Fインテグラ

f:id:hadoutaitei:20170808200615j:image世界初の水冷V型4気筒を搭載した400ccネイキッドであるVF400Fのフルカウルモデル。サイドにウィングを配した男心をくすぐるフォルムにセパハンやダブルディスクなどの攻撃的な装備で固めている。1984年の発売当初はバイクと言えば直列4気筒が主流であり、フルカウルもあまり見かけなかった為、人気は今ひとつと言ったものだった。しかしその血統は時を経て、上記のVFR400RやRVFなどの人気車種を生み出している。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑨YZF-R3

f:id:hadoutaitei:20170808200638j:image 250ccスーパースポーツであるYZF-R25のエンジンをボアアップし、排気量320ccの水冷並列2気筒を搭載したヤマハのスーパースポーツ YZF-R3。車重168㎏のR25に対しR3は169㎏と非常に軽量で、250ccクラスの軽さに320ccのエンジンを搭載し、他の400ccフルカウルスポーツにも引けを取らないパワーと中毒的な運動性能を発揮する。

スポンサーリンク
 

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑩RZ350RR

f:id:hadoutaitei:20170808200846j:image1981年に登場した「ナナハンキラー」の異名を持つRZ350の最終進化系。フルカウルを纏って1984年に登場したヤマハ RZ350RRは、排気量350ccでありながら55馬力を発揮する水冷並列2気筒の2ストロークエンジンを搭載し、峠道では750ccスポーツと張り合える程の強烈な速さを発揮したマシン。フロントが忙しい程に浮かび上がって来るそのパワーと血の気が引く様な凶暴な加速で、乗りこなせているという事だけでアイデンティティを感じられる。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑪FZR400RR SP

f:id:hadoutaitei:20170808200910j:imageFZR400RR SPは極限までレーシングマシンを意識した生粋のレーサーレプリカであり、ヤマハ最後の400ccレーサーレプリカでもある。86年登場のFZR400 87年登場のFZR400Rを経て1994年に最終モデルとして登場し、FCRキャブレーターにクロスミッションを標準装備 前後サスペンションはフルアジャスタブルの完全レース対応マシン。エンジンは水冷4スト並列4気筒を搭載し、レーシーなサウンドとスパルタンなポジションが気分を一層高めてくれる。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑫GSX-R400R

f:id:hadoutaitei:20170808201008j:imageアルミ角パイプ製のダブルクレードルフレームに倒立フォークやリザーバータンクの付いたリアサスペンションなど、豪華に仕上げたSUZUKIが放つ400ccレーサーレプリカ。日常使いを捨て切ったかの様な超スパルタンなポジションになっており、特にハンドルはシートと同じ位置に見える程低い為かなり乗り手を選ぶマシン。エンジンは水冷4スト並列4気筒を搭載し、車重は169㎏と非常に軽量。乗り易さは一切ないが、代わりに乗りこなせた時の楽しさを残してくれている。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑬RG400Γ

f:id:hadoutaitei:20170808201035j:image 250ccレーサーレプリカで人気の高いガンマの400ccモデル。
大型バイクとも戦える程の凶暴な加速をする一方、実用的な中低速でもトルクがある為、非常に乗り易く仕上がっている。59馬力を発揮する水冷2スト4気筒を搭載し、そのエンジンには市販車初のスクエア4(正方形に配置した4気筒)を採用。153㎏の車体と軽快なハンドリングで、パワフルながらも扱い易く当時の400ccではトップクラスの性能を誇ったマシン。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑭RF400R/RV

f:id:hadoutaitei:20170808201054j:image大型スーパースポーツの様な大きな車体に流麗なエアロフォルムを持つRF400R/RV。カテゴリーとしてはツアラーに分類されるが、そのポジションは意外にも攻撃的でスポーツ走行も楽しめるというお得なマシンになっている。上記GSX-R400R共通のパワーユニットに加え、RVでは可変バルブシステムを採用した水冷4スト並列4気筒のVCエンジンを搭載。高回転では魅力的なサウンドを轟かせる万能スポーツツアラー。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑮Ninja400

f:id:hadoutaitei:20170808201112j:imageカワサキ伝統のニンジャの名を受け継ぐ400ccスポーツツアラー。攻撃的なデザインと裏腹に非常に乗り易いポジションになっており、座り心地の良いシートと、ニーグリップのし易いタンクでツーリングも楽々行えるマシン。エンジンは水冷並列2気筒を搭載し、高回転域でのスムーズな加速と疲れを感じさせない走りを楽しめる。ABSの付いたSE(スペシャルエディション)モデルもラインナップされている。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑯GPZ400R

f:id:hadoutaitei:20170808201125j:image400cc市販車初の水冷エンジンを搭載したGPZ400Rは、レーサーレプリカで溢れかえる当時のバイクブームの中、敢えて乗り易いポジションとレプリカ並の運動性能をミックスさせ、公道で楽しく乗り易くを実現させたカワサキのベストセラーマシン。エンジンは水冷並列4気筒を搭載し、86年からはNinjaのロゴをカウルに配した。後のZZRシリーズを生んだ傑作機。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑰GPX400R

f:id:hadoutaitei:20170808202038j:image 高い人気を誇る上記GPZの優秀な血統を受け継ぎ登場したGPX400Rは、産み落とされた勢いでそのまま奈落まで落ちてしまったカワサキの誇る不人気車。エンジンはGPZベースの水冷並列4気筒を搭載し、ポジションも乗り易く非常にウェルカム 更にGPZからは車重が軽くなるなど様々な改良が加えられているが、ニンジャの名を冠し圧倒的ネームバリューを誇るGPZに大敗を喫し、知らぬ間に闇に消えた。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑱ZXR400/R

f:id:hadoutaitei:20170808202139j:image 400ccレーサーレプリカでは最速と名高いZXR400/RはワークスマシンであるZXR-4で培った技術をフィードバックし生まれたレーサーレプリカ。GPZのヒットでスポーツツアラー路線で行きたい上層部に対し、レースでの技術を世に出したい技術者達が爆発。 上層部に反し秘密裏に開発され、最高速度は200オーバー 兎にも角にも非常に速く、様々な面で当時のライバルを寄せ付けない圧倒的な完成度を誇った。市販車初の倒立フロントフォークを採用し、エンジンはパワフルな水冷並列4気筒を搭載。1991年にはエンジンを見直しフレームは新設計となっている。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑲ZX-4

f:id:hadoutaitei:20170808201437j:image e-BOXと呼ばれるアルミ製フレームを採用したカワサキ初の400ccレーサーレプリカ。クラストップに君臨する152㎏の驚異的な車重に規制上限59馬力の水冷4スト並列4気筒を搭載し、ZX-4をベースにしたZXR-4で鈴鹿四耐 優勝を果たした。非常に優秀なマシンではあるが、販売期間一年足らずの超希少車種として幕を閉じている。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ⑳ZZR400

f:id:hadoutaitei:20170808202105j:image  かつて世界最速を誇った大型スポーツツアラーZZ-R1100のコンセプトを受け継ぐカワサキ ZZR400。フルカウルを纏い非常に高い高速巡航性能と抜群の防風性能を誇り、ツーリングに超最適な万能スポーツツアラー。大柄な車体ではあるが、乗り出してしまえば非常に快適で初心者でも難なく楽しめる乗り易いマシンに仕上がっている。唯一の弱点は街乗りに不向きである事と、大柄な為、慣れるまで取り回しに注意が必要である事。エンジンは水冷並列4気筒を搭載し、ツーリングやスポーティーな走行など様々な走りを楽しめる。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ㉑RC390

f:id:hadoutaitei:20170808202223j:image オフロードバイクで有名なKTMから普段使いを捨て切ったかの様な、本格スーパースポーツ RC390。超軽量乾燥147㎏のボディに高回転型に味付けされた水冷単気筒エンジンを搭載。盛り上がったタンクにセパハンを装備したスーパースポーツらしい攻撃的なスタイルとポジションで、中毒的な一体感を味わいながら走りを楽しめる。

400ccフルカウル・スーパースポーツおすすめ㉒ドゥカティ400SS

f:id:hadoutaitei:20170808202318j:image ※画像は900ss
イタリアの老浦ドゥカティから中型免許で楽しめるスーパースポーツモデル 400ss。今やクラシカルに感じる落ち着いたカウルを身に纏い、ドゥカティのお家芸である空冷Lツインを搭載。不等間隔爆発による独特の鼓動と、タイヤが地面を荒々しく蹴り上げる馬の様な乗り味は、スムーズで乗り易いバイクでは決してないが「取り敢えず乗って楽しければ良いじゃん」というラテンな雰囲気を感じられるマシン。

 

今のバイクを高く売ってフルカウルに乗り換えてみる?
【バイクブロス】かんたんお試し一括査定

スポンサーリンク
 

www.bikemanv2.com

www.bikemanv2.com