ハーフカウルのおすすめバイク25選!

スポンサーリンク
 

ハーフカウルおすすめバイク250

HONDA VTR-F

f:id:hadoutaitei:20181116203802j:image

ホンダの人気ロングセラーマシンVTR250のハーフカウル仕様。防風性能の向上により高速道路が快適になった他、ハンドル周辺のパーツ削減により操作感の向上を狙っている。

HONDA ゼルビス

f:id:hadoutaitei:20181116204747j:image

名機VTシリーズの90度Vツインを搭載したスポーツマシン。エンジンを存分に楽しめる扱い易いハンドリングと軽量なボディに加え、シート下の収納ボックスや豊富な荷掛けフックで街乗り性能は抜群。

HONDA VT250F

f:id:hadoutaitei:20181116203859j:image

250ccクラス世界初の水冷90度Vツインを搭載したHONDAの大ヒットシリーズ。2ストレーサーレプリカ全盛の1982年に登場し「4ストのホンダ」の名に恥じない完成度を誇った。

YAMAHA FZ250フェザー

f:id:hadoutaitei:20181116203918j:image

中低速の実用性を確保しながら、ストレスなく1万6000回転まで吹け上がる水冷4気筒エンジンを搭載。超高回転による痺れるサウンドと軽やかなフットワークで人気を博したマシン。

SUZUKI GSR250S

f:id:hadoutaitei:20181116203931j:image

フレンドリーな性能でビギナーから人気を集めるGSR250のハーフカウル仕様。ハンドルもアップライトに調整され、街乗りはもちろんツーリングも存分に楽しめる。元から大柄なGSRだが、カウルの装着でより迫力のビジュアルになっている。

SUZUKI バンディット250リミテッド

f:id:hadoutaitei:20181116203948j:image

軽量コンパクトな仕上がりと荒々しく吹け上がる超高回転型 並列4気筒エンジンで、今なお人気のバンディット。
リミテッドは街乗りからスポーツライディングまで楽しめる従来のバンディットに、ロケットカウルを装着した異色のモデル。

ハーフカウルおすすめバイク400

HONDA CB400スーパーボルドール

f:id:hadoutaitei:20181116204003j:image

400ネイキッドで人気を集めるCB400SFのバリエーションモデル。ヘッドライト内蔵の大型ハーフカウルの装着で、高速巡航性能は飛躍的に上昇。さらにカウル内側には便利な小物入れが備えてある。

HONDA CBR400Fエンデュランス

f:id:hadoutaitei:20181116204021j:image

CBRを冠する初のマシン「CBR400F」のハーフカウル仕様。アンダーカウルや2灯式ヘッドライトを装備して耐久レーサームードを高めたエンデュランスは、痺れるサウンドの空冷並列4気筒を搭載。高回転では4バルブ、低中速では2バルブに切り替わるREVを装備している。

HONDA GB400TT Mk-Ⅱ

f:id:hadoutaitei:20181116204040j:image

今なお人気の250クラシック「GB250クラブマン」の兄貴分。オールドルックなボディに空冷400のビッグシングルを搭載し、目を惹くビンテージ風のカウルは当時のレース車両をモデルに。因みにMK-Ⅱでは単座式になっている。

YAMAHA FZ400

f:id:hadoutaitei:20181116204058j:image

400ccネイキッドで人気を誇るXJRとは異なるコンセプトから生まれたFZシリーズ。70年代のレーシングマシンを思わせるWクレードルフレームに水冷並列4気筒エンジンを搭載する。

SUZUKI SV400S

f:id:hadoutaitei:20181116204114j:image

意外と少ない国産400cc Vツインスポーツ。極太のトラス構造フレームにクラストップの水冷90度Vツインを搭載。日本ではあまり歓迎されなかったが、欧州ではドゥカティが霞むほどの人気を博したマシン。

SUZUKI カタナ400

f:id:hadoutaitei:20181116204130j:image

「ケルンの衝撃」「カタナ狩り」など、様々な伝説を打ち立てたバイク界の異端児。他に類を見ないそのスタイルは250・400・750・1100ccからチョイスが可能で、近年では新型カタナも登場した。

f:id:hadoutaitei:20181116204145j:image

Kawasaki ZRX400

f:id:hadoutaitei:20181116204159j:image

1982年に登場したカワサキの名車Z1000Rローソンレプリカを彷彿とさせるスタイルと、街乗りからツーリングまで余裕の走りを見せる水冷並列4気筒を搭載した硬派なモデル。

ハーフカウルおすすめバイク大型

スポンサーリンク
 

HONDA VTR1000F

f:id:hadoutaitei:20181116204215j:image

「ファイアストーム」の別名を持つVTR1000Fは、軽量な車体と溢れるトルクが魅力のVツインスポーツ。
エンジンは水冷90度のV型二気筒を搭載し、250ccネイキッドのホーネットでお馴染みカムギアトレインを採用。
高回転までドカンと吹け上がる刺激的な乗り味を楽しめる。

HONDA CB1300 スーパーボルドール

f:id:hadoutaitei:20181116204225j:image

大型ネイキッドで人気を誇るCB1300SFをツーリングライクに仕上げたモデル。エンジンはお馴染み、スムーズでトルク溢れる水冷並列4気筒。
マルチリフレクターライトを搭載したハーフカウルは、高速道路での2人乗りを考慮した大柄な設計になっている。

HONDA CX500ターボ

f:id:hadoutaitei:20181116204249j:image

量産市販車初のターボ車として1981年登場したホンダ CX500ターボ。
搭載する80度Vツインは、500ccながらもナナハン並みの性能を発揮した。

YAMAHA FZ1 フェザー

f:id:hadoutaitei:20181116204300j:image

スーパースポーツのDNAを受け継ぐストリートファイター。エンジンはR1譲りの998cc 水冷並列4気筒を搭載、これを常用域でも扱い易いセッティングに仕上げ、街乗りでもストレスのない走りを実現している。

YAMAHA TRX850

f:id:hadoutaitei:20181116204334j:image

「キング・オブ・マウンテン」として海外で人気を博したTDM850のエンジンをベースに開発されたVツインスポーツ。ドゥカティでお馴染みの不等間隔爆発がもたらすパルス感溢れる乗り味と優れたトラクション、中毒的なコーナリングが魅力的。

SUZUKI SV1000S

f:id:hadoutaitei:20181116204345j:image

インパクト抜群のトラス構造ツインスパフレームに、エキサイティングな水冷90度Vツインを搭載。軽量でスリムな車体が更にエンジンの楽しさを引き立て、街乗りからツーリングまで持ってこいのマシンに仕上がっている。
因みにインジェクション仕様。

SUZUKI SV650X

f:id:hadoutaitei:20181116204358j:image

欧州で猛威を奮っていたSVのニューモデル。高い評価で愛される645ccのパワフルVツインを、カフェレーサーをエッセンスにしたネオクラシックな車体に搭載。取り回し易い軽量&スリムなボディと、フレンドリーかつエキサイティングなエンジンは街乗りで右に出るマシンは無い。

SUZUKI バンディット1250S

f:id:hadoutaitei:20181116204413j:image

スズキ伝統の油冷エンジン搭載で、長らく人気のバンディットのハーフカウルモデル。2007年からは水冷化され、低速・高速どちも楽しめる扱い易くもパワフルなフィーリングになっている。

Kawasaki Z750S

f:id:hadoutaitei:20181116204448j:image

Z1000の兄弟機であるZ750にプロテクション効果の優れたハーフカウルを装着したスポーツツアラー。
エンジンはシャープな吹け上がりをみせる水冷並列4気筒を搭載。前後一体型のダブルシートやグラブバーの採用でタンデム走行も容易になっている。

Kawasaki Z900RS カフェ

f:id:hadoutaitei:20181116204718j:image

バイク界に根強いファンを持つ「Z」の血統を色濃く受け継ぎ登場したZ900RS。この正統派ネイキッドスポーツをカフェスタイルに仕上げたZ900RS cafeは、基本構成はそのままに、ロケット風のフロントカウル、ヘアライン仕上げのサイレンサーを装備している。

Kawasaki ヴェルシス1000

f:id:hadoutaitei:20181116204535j:image

大型ネイキッドの雄・Z1000の並列4気筒搭載し、オールマイティなツアラーとして熟成を遂げたヴェルシス。
快適なオンロード走行はもちろん、ちょっとした悪路も難無くこなすフレンドリーなアドベンチャー。

BMW R1200RS

f:id:hadoutaitei:20181116204548j:image

BMW伝統の水平対向2気筒(ボクサーツイン)を搭載したスポーツツアラー。見た目はスポーティーで手強そうだが、防風性に優れたカウルとアップライトなポジション、軽快なハンドリングであらゆる走りに対応してくれる。